5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

食の風景

1 :もぐもぐ名無しさん:04/05/04 05:40
例えば日本の豆腐売り。夕方に奇妙な笛の音を聴くと
鍋やボールを持ったおばさんが家から出て来る光景。

こんな感じの、広い意味での『食』にまつわる心に
残った景色を語って下さい。

2 :もぐもぐ名無しさん:04/05/04 08:42
なごむスレですね。1さんありがとう!

ちょっとずれちゃうかもしれませんが…
子供の頃、気持ちのいいお天気の日、家のすぐ前の芝生(入って遊んでいいスペース)に
マットしいてお弁当食べました。
特別なお出かけでもなく、お弁当も普通のおにぎり程度だったと思うのですが、
ものすごく嬉しく楽しかった記憶があります。

3 :もぐもぐ名無しさん:04/05/04 19:39
テレビで見たイタリアの肉屋。
カウンターのすぐ奥の部屋が一室丸ごと窯。
但し、窯と言ってもレンガ造りの部屋の中央で10本
程の薪を燃やしているだけ。
朝、出勤途中の客が自分の胴体程もある牛アバラを
注文。帰りに取りに来ると告げて店を出る。
時間を見計らって肉に塩を擦り込み、フックを刺して
窯の部屋に吊るす。
何しろ巨大な塊なので時間をかけてあぶる。表面に
肉汁が浮かんで滴り落ちて行く。
客が引取に来ると、何と新聞紙で無造作に包んで
渡す。肉汁だらけなので新聞紙を大量に必要として
いた。
夕暮れの街中を、大きなな肉の塊を脇に抱えて、
ソースとワインを用意して待っている家族の元へと
歩いて行く後ろ姿がとても印象的だった。

4 :もぐもぐ名無しさん:04/05/05 06:21
NHKで見たんだけど、歴史のある競馬場の風景。
青空の下、いかにも紳士、淑女といったいでたちの
観客がウナギのゼリーを食べていた。

5 :もぐもぐ名無しさん:04/05/05 12:39
私と同僚が犬に追われてポツンと建ってた大きな洋館に逃げ込んだときのことです
助かったと思ってホッとしていると左の部屋から銃声が聞こえてきました
私と同僚がおそるおそる扉を開けてみるとそこは大きな食堂でした
上にはシャンデリア、中央には長いテーブル、奥には暖炉がある立派な食堂でした
人はいませんでしたが暖炉の所には真新しい血痕がありました
同僚が熱心に血痕を調べているので私は一人で探索することにしました
近くにドアがあるのに気付き、入ってみると
そこは横向きの廊下になっていて右にはいくつかのドアがありました

6 :もぐもぐ名無しさん:04/05/05 13:18
廊下の左はすぐ右に曲がり角になっていて
角のすぐ向こうから何かグシャッ、グシャッという音が聞こえてきました
気になって曲がってみるとすぐ行き止まりになっていて
そこに一人の男がこちらを背に屈み込んで、何かを食べていました
何やってるんだろう?と思って見ていると男の手元から何か丸い物が落ちました
人の生首でした
しかも消息不明だったブラボーチームのケネス隊員でした

7 :もぐもぐ名無しさん:04/05/05 14:33
ラッキー7!
縁側でお茶とお漬物とおやつ。

8 :もぐもぐ名無しさん:04/05/05 15:58
小学生のころ、真夏に市営プールに行った帰りに自転車にまたがりながら
飲んだ500mlのコーラかな。
真っ青な空とかすかな塩素の匂い。

9 :もぐもぐ名無しさん:04/05/06 18:10
先生に見られながら埃が舞う掃除中に無理矢理給食食べさされている女の子。半泣きだったな…

10 :もぐもぐ名無しさん:04/05/07 19:43
>>9
漏れもよくそうやって食わされたな。


11 :もぐもぐ名無しさん:04/05/07 20:28
子供の頃軽く虐待されていたので、母親の顔色ばかり窺う日々。
食事中は、「お母さんの作ったご飯はおいしいね!(´∀`;)」と毎日リップサービス


12 :もぐもぐ名無しさん:04/05/07 20:51
>>9 私も食べるの遅かったから、いつもじゃなかったけどその経験ある!
教室はお掃除モードで、机を寄せられて、みんなの椅子と机に挟まれてる状態で
寂しく恥かしく。

13 :もぐもぐ名無しさん:04/05/09 06:03
徐々に悲しい話の方向に傾いていってるな、、、

14 :もぐもぐ名無しさん:04/05/21 07:07
N君。
握り箸でいつも上手にラーメン食べてたな。
いったん手前から向こう側に麺をすくいあげて
向かいの人にすすめるのかな?って思わせたところでクルッて手返して自分の口へ。
食後は回りも本人もスープイパーイだった。 飛び跳ね放題。

なつかすい風景だ。   まだ生きてるんだろか?

15 :もぐもぐ名無しさん:04/05/21 12:35
15年くらい前
新卒で手取りも少なかったけど、アパートを借りて一人暮らしを始めた。
部屋にあるのは布団、最低限の着替えと食器、ラジカセだけ。
冷蔵庫もテレビもない部屋で、段ボールの上に皿を並べて飯を食った。
調理器具も調味料も不足してて、毎日毎日出来の悪いスパゲッティ。
マイホームを手に入れた今でもあの食事を忘れない。
なにより、そんな部屋に遊びに来てくれていた女房に感謝している。

16 :もぐもぐ名無しさん:04/05/30 10:42
そろそろネタ切れ終了

17 :もぐもぐ名無しさん:04/06/07 12:44
食と少しずれるかも知れないけれど
祖母が日に何度かお茶を点てて飲んでいる姿
いい年になってもフッと頭に浮かぶ。
94才で他界した、若くして未亡人なって苦労した人です。
その祖母の事を思うと何故か気持ちが、シャン!とします。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)