5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【貧乏】子供の時の貧しい食卓【限定】

1 :やめられない名無しさん:03/11/14 15:32
私の小学生の時のある日の夕食

ごはん、ドロップ  以上 

2 :やめられない名無しさん:03/11/14 15:35
2

3 :やめられない名無しさん:03/11/14 16:08
我が家の定番だった、
食パンにマヨネーズ+砂糖をぬったやつ
思い出すと目から汗がとまりません。

4 :やめられない名無しさん:03/11/14 16:11
>>3
それは充分ご馳走だよ。

俺んちはパン屋さんでいつも耳2kgを20円で買ってきて家族で朝御飯に食べてたよ?

5 :やめられない名無しさん:03/11/14 16:25
時代による差もあるからね。
貧しい食卓⇒ご飯に漬物だけ(1種類のみ)

6 :やめられない名無しさん:03/11/14 16:31
>3

それはおいしいんでつか?

バター塗ってグラニューム糖かけたサンドイッチは
良く食べますた。
作りたてだとグラニューム糖がさくさくするし
ウマーですた。

あーー、食べたくなってきますた。。

7 :やめられない名無しさん:03/11/14 16:40
生活保護で贅沢させてもらいましたわ

8 :やめられない名無しさん:03/11/14 16:43
すずめを食べてた

9 :やめられない名無しさん:03/11/14 16:47
2げっとおお!!

かっぱえびせん 水道水。

10 :やめられない名無しさん:03/11/14 16:49
>3
>6
食パンにマヨネーズ塗って食べるのはおいしくて
時々食べるけど、なんでわざわざ砂糖かけるんだろう。。。

ネタだと思うけど、、でも、おいしいんだろうか。。。

誰かやってみて!

11 :やめられない名無しさん:03/11/14 16:51
>>2
2ゲット乙!!

12 :やめられない名無しさん:03/11/14 17:39
ご飯に麦入ってた。

13 :やめられない名無しさん:03/11/14 18:22
ふすまが主食でした。

14 :やめられない名無しさん:03/11/14 18:48
釣りブームだったのでマッシュポテトとか、食べるものには不自由しませんでしたね。

15 :やめられない名無しさん:03/11/14 18:53
これは実際俺が小学生の頃やってた節約術。

ガムの味が無くなったら水の入ったコップに噛みさしのガムをいれて
そのまま冷蔵庫に入れて置いて冷えて元のような食感が戻ったらまた噛む。
(味は無い)

16 :やめられない名無しさん:03/11/14 18:57
学校のウサギの飼育当番のふりをして野菜屑をよく貰いに行かされたなあ

17 :やめられない名無しさん:03/11/14 19:23
味噌汁ブッかけご飯の日々。
当時飼っていた犬の夕飯と同じメニューというのが、今となっては納得いかん!

18 :やめられない名無しさん:03/11/14 19:26
塩とかしょうゆ、ソースかけて食べてた記憶がある。
でも泣く泣くではなく、喜んで食べてた覚えがあるから悔しいw

19 :やめられない名無しさん:03/11/14 20:17
>>18
ソーライスはご馳走だよ?

20 :やめられない名無しさん:03/11/14 20:20
小学生の時、友達のうちに遊びに行ったら…
その子の精一杯の歓待だったんだろうけれど、
砂糖水を出してくれた。
実際、かなり貧しかったようで、
子供心ながらも、なんか、しみじみしました。


21 :やめられない名無しさん:03/11/14 20:31
食卓じゃないけど、氷砂糖食ってた。
父が何か漬けるので(梅酒?)買って来た氷砂糖を
ちょこちょこ盗み食い・・・

22 :やめられない名無しさん:03/11/14 20:38
>>20
ちょっと〜・・・(゚д゚)ポカーーーーン

23 :やめられない名無しさん:03/11/14 20:39
酒の粕は砂糖つけて食べていた

24 :やめられない名無しさん:03/11/14 21:14
俺はUFOにシーチキンを入れて食べていた・・・


25 :やめられない名無しさん:03/11/14 21:25
お寺の子供は他所の子が捨てたお菓子を食べていた。
みんなその子が拾って食べるのが面白いから
面白がってお菓子を地面に捨てていた・・・
なんか野良犬みたいで可哀そうだった・・・

26 :やめられない名無しさん:03/11/14 21:26
>>20
そのへんの清涼飲料水から香料を取り除いたら砂糖水になるな。

27 :3:03/11/14 21:38
>6
>10
いや、ネタではないですよ。
よく食わされました。
もう25年以上食べてないんですけど。
味は、マヨの味と砂糖の味。何かをかもし出すわけでもなく、
そのまんま。
たぶんですねえ、母が息子たちに何か甘いものをせがまれて、
でも砂糖しかなくて、でもパンには塗れず、試行錯誤の結果
マヨをバインダーとして採用したのではないでしょうか。
甘いものの比較対象がなかったので、普通に食べてました。
給食にでないんで、子供心にマイノリティな食い物なんだとは
思ってましたが。

28 :やめられない名無しさん:03/11/14 22:12
冬のおやつは干しいもだったな。学校からかえるとほしいもを一掴みして遊びに飛び出していったっけ。

29 :やめられない名無しさん:03/11/14 22:17
干しいもって買うと結構高いよ

30 :やめられない名無しさん:03/11/14 22:20
マヨはやったことないけど
シュガーマーガリンウマー

カンパンに入ってる氷砂糖だけ食っちまってウマーだけど怒られてマズー

31 :やめられない名無しさん:03/11/15 09:35
最近のおこちゃまは貧乏で食べる物に困ったりということがないようなのか、このスレあんまり伸びないですね。

32 :やめられない名無しさん:03/11/15 18:13
俺は子供の頃に犬を食べていた記憶がある。
なんでだろう・・・・

33 :やめられない名無しさん:03/11/15 18:18
>>32
ご出身はどちらで?

34 :やめられない名無しさん:03/11/15 18:33
中国

35 :やめられない名無しさん:03/11/15 18:35
>>33
赤い犬が美味しいとお婆ちゃんが言ってた様な記憶がある・・・


36 :やめられない名無しさん:03/11/15 21:22
母親がおやつにトローチをくれていた・・・

37 :やめられない名無しさん:03/11/15 21:23
>>36
普通のキャンディーよりカナリ高価だな。ブルジョワ?

38 :やめられない名無しさん:03/11/15 21:25
病院でくれた奴・・・  

39 :やめられない名無しさん:03/11/15 21:53
自分の分を子どもに分け与えたということだろ。

「一粒のトローチ」

40 :やめられない名無しさん:03/11/15 22:00
ショボーン━━(´・ω・`)━━

41 :やめられない名無しさん:03/11/16 01:09
「想い出の食事」がなければ良スレになったかもな。
今後に期待。

42 :やめられない名無しさん:03/11/16 05:07
うちの死んだ、お婆ちゃん〔存命してたら115才ぐらい〕は茨城出なのだけど、子供の頃、蛙、へび、赤犬など食ったと言っていた。

43 :やめられない名無しさん:03/11/16 09:20
貧乏だっただけではない。
ちょっと山へ入ったら洗面器ほどもある松茸が獲れた。
収穫する人もなく放置されていたから育ち放題。
あと、牛肉は高かったから鯨肉ばかり。

あの頃に戻れたらな。(期間は限定で)

44 :やめられない名無しさん:03/11/16 09:25
>>43
そんなに大きなマッタケは硬くて食えないよ。
もしかしてレイシじゃなかった?

45 :やめられない名無しさん:03/11/17 08:28
お爺ちゃんは戦争で湖山と言う所に行ってたんだけど
食料が無い時にゲジゲジの天ぷらを食べていたと言ってた。

46 :やめられない名無しさん:03/11/17 08:29
肉無し薩摩揚げ入りカレーライス

47 :やめられない名無しさん:03/11/17 14:23
昔両親が旅行で不在中、祖母に弁当を作って貰ったら小さな塩お握りが2個
だけだったwそれも他のオカズ無し・・・

48 :やめられない名無しさん:03/11/17 14:34
母ちゃんがケーキ屋で働いていたので、ケーキの余分なところを切り
落とした切れ端を袋に詰めて持って帰って来てくれてた。形はどうあ
れ、味は間違いなくケーキ。ただ、フォークではなく箸で食うので、
「ケーキ食ってるな」という実感はあまりわかなかった。

49 :やめられない名無しさん:03/11/17 15:22
>>44
43ではないが、「洗面器いっぱいになるほどの」
という意味ではないか?

50 :やめられない名無しさん:03/11/17 15:33
それか変なキノコ食って幻覚を見たとか?

51 :実家は松茸山持ちの通りすがり:03/11/17 15:55
洗面器サイズはちょっと言い過ぎの感もあるけど、
それに近い大きさのは出る事あるよ。
今年は近年にない豊作だったんで、
コドモの頭サイズも何本か出てたらしいし。
ただ、つぼみでなくて開ききった場合なんで、
松茸としての価値は低めだけどね。
あと、松茸は大きくっても固くはならないよ。
大きくなってるヤツは乾燥してて、ソフトじゃない場合は多いけどね。
以上、ミニトリビアでした。

52 :やめられない名無しさん:03/11/17 16:01
>>51
そのサイズは絶対に無い。
マッタケは硬くなる。

一度マッタケを食べてみろ。

53 :やめられない名無しさん :03/11/17 16:02
子供のころって確かに牛肉は高級品だった。

54 :やめられない名無しさん:03/11/17 17:03
皆全っ然貧乏じゃないんだなー
おかずなしの塩オニギリぐらいで貧乏とは言わないだろ。
>>16を見習って、皆もっとハードなやつ頼むよ!

55 :やめられない名無しさん:03/11/17 17:50
俺は普通の家の子供が捨てるビックリマンチョコを拾ってたよ?
みんなやってたから恥ずかしいとか思わなかったな〜

56 :やめられない名無しさん:03/11/17 18:09
実は1962年生まれなんだけど、この年でも、自分だけでなく、身近な範囲で、悲惨な食べ物系の貧乏話は思い当たらない。
2chの世代では無理なのかも。

57 :やめられない名無しさん:03/11/17 18:14
「一杯のかけそば」読んで、感動する世代だと、そういう話しが一杯あるだろうけど、それは昭和20年代生まれ以前だろうな。

58 :やめられない名無しさん:03/11/17 18:16
俺の遠縁の中内功さんは昔戦争でフィリピン行ってたんだけど
食料が無くて死にそうになった時トカゲや蛇を飲み込んでたと言ってた。

59 :みんなひどいよ:03/11/17 19:25
親が仕事で貰ってきたケーキの切れ端を箸で食べた>いいなあ
UFOにシーチキンを入れて食べていた>うまそう
干し芋がおやつ>今でも俺は好物

個人的には>>15が素敵だとオモタ

60 :やめられない名無しさん:03/11/17 19:29
俺は中流家庭の少し上の方だったから、普通のモノを食っていたよ。

61 :やめられない名無しさん:03/11/17 20:25
>>60 北チョの中流だろ?

62 :やめられない名無しさん:03/11/17 20:25
親子3人で冷えた味噌汁を冷えたご飯にかけて食う夜は
家も冷えていて「うちは貧乏なんだ・・・」と子供心にもはっきり判ったよ。

63 :やめられない名無しさん:03/11/17 22:39
栗の木にいる栗虫がおやつってどうよ?
焚き火に放り込んで焦げたのを食べると、
甘くて香ばしくて、美味いんだな、これが。(死語失礼)
今はそんなもん食べなくてもおいしいおやつが山ほどあるから
だれもとらないらしいけど、自分がコドモの時は近所の子たちと、
喜んで食べてた記憶がある。
こういうのって、やっぱ自分達世代が限界かな。
ちなみに自分は30代後半です。

64 :やめられない名無しさん:03/11/17 23:58
小学生のとき、『釣りに行ってくる』
といって、家に帰ってきたら
ご飯だけが炊かれていた。
『あぁ、これがプレッシャーっていうんだ』
と子供心に思った昭和50年代

65 :やめられない名無しさん:03/11/19 11:26
鰌とか普通に食うよな?

66 :やめられない名無しさん:03/11/19 13:45
>>65
生け泥鰌の踊り食いでつか?

67 :やめられない名無しさん:03/11/19 13:50
まんが10冊

68 :やめられない名無しさん:03/11/19 22:24
晩御飯は美味しんぼのマンガでしたか、そうですか、なるほど、それは貧しい。

69 :やめられない名無しさん:03/11/19 22:32
デパートの試食でお腹一杯にしてました・・・(´・ω・`)しょぼん

70 :やめられない名無しさん:03/11/20 00:53
うんこくってた…(´・ω・`)

71 :やめられない名無しさん:03/11/20 19:08
ちょこべー食った。

72 :やめられない名無しさん:03/11/20 19:48
近所の渋柿をタダで貰って来て酒で合わして食べてた。

73 :やめられない名無しさん:03/11/20 19:54
日本人は二日に一回しか晩メシ食わない習慣だと思ってた…

74 :やめられない名無しさん:03/11/20 21:00
>>71
チョコベー買って貰えなかったヨ。。。。ショボン

75 :やめられない名無しさん:03/11/20 21:02
74
でも、親戚の伯母さん(金持ち)が買ってくれた。
うれし涙の塩味つきでウマー

76 :やめられない名無しさん:03/11/21 01:00
パクったら?

77 :やめられない名無しさん:03/11/21 11:08
>>63
なつかしい!うちではお風呂の焚き口にくべて焼いてました。
白い芋虫のようで、今は気持ち悪くて絶対口にできないけど・・・
当時、茹でうどんの玉を丼に入れ、酢・醤油・味の素をかけた物
(おかず無し)がよく登場しました。
大人になるまで’すうどん’というのは、それのことと思ってました。
自分は40代後半です。


78 :やめられない名無しさん:03/11/22 17:41
>>76
あんたバカ?

79 :やめられない名無しさん:03/11/22 21:37
カップヌードルのカレー味と白飯の夕食

80 :やめられない名無しさん:03/11/24 10:45
墓に備えてある物を良く取りに行ってました。

81 :やめられない名無しさん:03/11/24 23:29
でんぷんにお湯をかけて、とろみをつけて
砂糖をかけたものをおやつにしていた。
私29歳

82 :やめられない名無しさん :03/11/25 00:04
29歳。牛肉は月に1回、カレーの具はシーフード
くらいしか、貧乏ネタがおもいつかん。
普通の家庭だったのかな。貧乏だと思っていたが。

83 :やめられない名無しさん:03/11/25 02:32
>>81
片栗粉でやってました31歳

84 :やめられない名無しさん:03/11/25 11:42
>>81
それは記憶にある。
こちらは41歳。

85 :やめられない名無しさん:03/11/25 11:44
葛粉で作ると。禿げしく(゜д゜)ウマー 
なんだけどね。

86 :やめられない名無しさん:03/11/25 12:34
牛肉より、海老、イカ、ホタテ、鮭なんかのが全然高価に思えます。

87 :やめられない名無しさん:03/11/25 12:36
>81
40歳のオレは片栗粉でした。
小学校3年くらいになると、インスタントコーヒーを混ぜたりしてたw

あと、婆ちゃんが麦焦がし作ってくれるの大好きだった。

88 :やめられない名無しさん:03/11/25 16:30
やっぱ年長者(失礼)の皆さんの話がおもろい!
はりきってどうぞ。

89 :やめられない名無しさん:03/11/25 16:47
>>88
おまえも昭和40年前半の生まれじゃん。

90 :やめられない名無しさん:03/11/25 17:31
麦焦がしって、どうやって作るの?
小麦粉、炒るの?

91 :やめられない名無しさん:03/11/26 10:10
鳥鍋でカラスを使ってました(´・ω・`)ショボーン

92 :やめられない名無しさん:03/11/26 10:24
うそん

93 :やめられない名無しさん:03/11/26 12:45
>90
麦焦がし粉ってのがあるんですよ。健康食品の店に行けばあると思う。
砂糖と一緒にお湯で固めに練って食べるもの。
型に入れて固めたりすることもあるけど、家では練っただけでした。

94 :やめられない名無しさん:03/11/26 13:05
>91
カラスってどんな味?!

95 :やめられない名無しさん:03/11/26 13:32
栗虫って、栗の実の中にいるちっちゃいうじ虫みたいなの?
それとも木にいるスズメ蛾の幼虫のこと?

後者だったらすごい。

96 :やめられない名無しさん:03/11/26 14:12
>>93
そういうことか。
粉を作るのかと思った。
麦焦がし、あるいは、はったい粉。
子供の頃、焼きイモみたいに、軽トラックで売りに来ていた。
粉のまま食べていた記憶がある。

97 :63:03/11/26 15:03
>>95
私が食べていたのは木の方にいる、芋虫サイズというか、
コドモの指サイズくらいのヤツの事ですが、何か?

アタマは黒とかこげ茶、カラダは黄色みを帯びたクリーム色の、
かわいくって甘い(wヤツです。
95さんも、一度ご賞味あれ!

今ぐぐってみてきたけど、スズメ蛾ってヤツの幼虫はもっとグロいのでは…?


98 :77:03/11/26 15:44
>95
ずばり後者ですよん。ね?63さん。
今は’うるるん’なんかでそういう場面が出ると、グェッとなりますが・・
子供の頃は、田の畦でとぐろを巻いている蛇も、部屋の壁を這うヤモリも、
お尻から出てくる回虫君も全然気持ち悪いと思わなかった。
学校から帰っての遊び場所が裏山や川、田圃といった自然の中だったから
だろうけど、いつを境にそういうものを嫌がるようになったのかなぁ?
自分でも覚えていない。スレ違いsageます。





99 :やめられない名無しさん:03/11/26 15:50
日曜日の朝食はトーストに紅茶でした。
ただし、トーストは七輪に魚焼き用の網をのっけてその上で焼いたものでした。


100 :やめられない名無しさん:03/11/26 16:03
栗虫ってのはカミキリムシの幼虫じゃないか?
>77さん,ググってみて!

>>99
それって当たり前じゃん.
トーストに砂糖を掛けると超ぜいたく.

101 :77:03/11/26 16:06
度々失礼。
ぐぐりながらかきこんでたので>63さんに気がつかなかった。
どうもクワガタかカブトムシの幼虫のようですね。
栗の木 幼虫 でぐぐると見覚えのある姿に会えました。


102 :やめられない名無しさん:03/11/26 16:18
>99
冬はストーブで焼いてたでしょ?
トーストだけじゃなく、モチ、大福、スルメ、なんでも焼いてた。

103 :やめられない名無しさん:03/11/26 16:23
>>94
中学になってやっと鶏肉を食べられる様になったが、その時
味は全然変わらないと気付いた。
肉の色はニワトリよりちょっと赤味がかっている感じだったと思う。
・・・いやな事を思いだしてしまった・・・鬱

104 :95:03/11/26 19:56
>>100
カミキリムシの幼虫は栗の花に産み付けられて、実から這い出て木で過ごすのかな。
おれが思い出したのは、緑でぶっといガチャピンみたいな芋虫。

野生生物板に、最強の芋虫画像スレがあったはず。。

105 :やめられない名無しさん:03/11/26 20:07
>>104
> おれが思い出したのは、緑でぶっといガチャピンみたいな芋虫。

草地でバッタやコオロギを捕ってると、たまにお目にかかってガクガクだった。
昆虫や爬虫類は割と平気なんだけど、あれだけは今思い出してもダメだ…。


106 :やめられない名無しさん:03/11/26 23:02
うちのお婆ちゃんはメダカの甘露煮を作ってた。結構ご飯の友に向いてた 
おばあちゃん・・・・TT

107 :やめられない名無しさん:03/11/27 00:22
ストーブのある家が貧乏なもんか!

108 :やめられない名無しさん:03/11/27 13:50
子供の時は鶏肉のすきやきが普通だった人います?

109 :やめられない名無しさん:03/11/27 15:28
昔じゃなく最近、

110 :やめられない名無しさん:03/11/27 15:31
昔じゃなく最近鶏のすき焼きしてます。

111 :やめられない名無しさん:03/11/27 16:59
そういや子供のころ・・・
アイスって言って牛乳の凍らせたのだされたな
今考えるとむなしい

112 :やめられない名無しさん:03/11/27 20:01
日曜日の朝食はトーストに紅茶

こんなの全然貧乏じゃねえヨ…(;`Д´)

113 :やめられない名無しさん:03/11/27 22:15
ハムのすき焼きしてます。

114 :やめられない名無しさん:03/11/27 22:27
幼なじみの家のご飯が
ハムカツ丼だったらしい。

漏れは、間だ食べたことがない。

115 :やめられない名無しさん:03/11/27 22:53
スイスロールとポテトチップ

116 :やめられない名無しさん:03/11/27 23:03
今じゃ考えられないけど
豚ベーコンが高いので、鯨ベーコンばかり食べさせられていた。
ある意味、幸せ過ぎる俺の過去。

117 :やめられない名無しさん:03/11/27 23:47
昔、朝食にも鯨ベーコンが度々出ていました。
ワンパック130円位で脂身がやたら多かった。w
給食の竜田揚げは、んまかったが・・

当時貧しい食卓の代表と言えば、
メザシか梅干だったと思う。
マンガの定番。

ちなみに40歳

118 :やめられない名無しさん:03/11/28 00:19
昭和50年頃、魚肉ソーセージ入りカレーがごちそうだった。
隣の家が200mくらい離れている農村育ちなので、世間一般の
食生活レベルがわからなかったよ。
ただ、テレビのホームドラマの食卓を見て、うちは少し貧しいのかな
と思っていた。

119 :やめられない名無しさん:03/11/28 00:46
>>118
ぶっちゃけ、肉なしジャガイモカレーのほうが美味そうだね


120 :擬似貧乏?:03/11/28 11:16
自分はコドモの頃病弱&嫌いなものを食べると絶対もどしたので、
嫌いな肉や魚はなるべく食卓に出さないようにしてもらってました。
カレーにも肉入ってるといやなんで、わざわざ抜いてもらったり。
お好み焼きも自分の分はキャベツと卵だけで、
間違っていかとか豚肉なんかが紛れ込んでたら、
もうアウトで皆の食べてる近くでぶちまけちゃったり。(w
お正月とか、皆がすき焼きとかかにすきとかご馳走食べてる時も、
一人インスタントラーメン作ってもらってました。
”安上がりな子だ”と喜ばれてはいたようです。

121 :やめられない名無しさん:03/11/28 11:24
>>120
オレも肉類はダメ駄目だった。脂身の歯ざわりと味が受け付けなかった。
挽肉にしてもらったら偏食治ったよ。今でもトンカツ、クリームシチューに入ってる鶏肉なんかは苦手だけどね。

122 :やめられない名無しさん:03/11/28 15:04
おやつと称して、残りご飯にきなこに砂糖をまぜたやつを
かけたものを文句もなしに食べていた。
いまじゃ おはぎも嫌いになった。
子供のころの夢は、メロンの形した容器に入っているシャーベットを買ってもらうこと、
うちじゃ買ってもらえなくて、親戚のおばさんに買ってもらったとき、うれし泣きした。
かあさんは「はずかしい!!」とゆって、しばらく不機嫌だったな。

123 :やめられない名無しさん:03/11/28 18:11
義務教育も修了できなかったんだろうな、と涙したよ。

124 :やめられない名無しさん:03/11/28 18:42
うちの冷蔵庫は冷凍庫がついていなかったので
シャービックは夢だった

125 :やめられない名無しさん:03/11/28 20:36
焼け跡派のヘビーな体験談キブンヌ

126 :やめられない名無しさん:03/11/28 21:00
うちの親の子供時代の話なんだけど…
雑草(ちぎると茎からミルクみたいのが出る、今もよくそこいらで見かけるもの)
とか、芋のつるとか食べさせられてたって。

兄弟が多くて、卵は病弱で気に入られていた一番上のお兄さんしか食べさせてもらえず、
そのお兄さんやおばあちゃんのこと、すごく恨んだりしたとか。

127 :やめられない名無しさん:03/11/28 21:09
俺の遠縁の中内功さんは昔戦争でフィリピン行ってたんだけど
食料が無くて死にそうになった時トカゲや蛇を飲み込んでたと言ってた。


128 :やめられない名無しさん:03/11/28 21:09
なぜ噛まない?

129 :やめられない名無しさん:03/11/28 21:12
キモいからだと思う

130 :やめられない名無しさん:03/11/28 21:13
>>87
うちでもお婆ちゃんがたまに作ってくれました。
子供の頃一番好きなおやつでした。


131 :やめられない名無しさん:03/11/28 21:32
俺のばあちゃんに戦時中の食生活の事を聞くと、話が止まらなくなるから訊かない。
そのうち、「現代の子供たちは恵まれすぎで…」なんて話になるし。

一緒にテレビを見ててこういう話題が流れると、「やべっ、また長話が始まる」と思う。

132 :やめられない名無しさん:03/11/28 21:36
日露戦争で鳥取の湖山に防人で行ってたお祖父ちゃんはゼロ戦のエンジンオイルで海産物の天ぷらを揚げてたって言ってた

133 :やめられない名無しさん:03/11/28 22:09
>131
今のうちにたっぷり聞いておくように。
貴重な記録になるぞ。

134 :やめられない名無しさん:03/11/28 23:00
>>132
いつの時代にどこで何してたって?

135 :131:03/11/28 23:25
>>133
もう耳にタコです。ハイ。
芋づるの話も、米より芋の割合が多い飯の話も。


136 :やめられない名無しさん:03/11/29 01:03
>>135
今の時代は、いも飯は米飯より高いんじゃないか?
ってばあちゃんに反論すべし



137 :やめられない名無しさん:03/11/29 11:08
でも芋づる(ズイキ)は美味いよ。
けんちん汁には絶対外せない具だと思う。

138 :131:03/11/29 18:34
>>136-137
量を割り増しするために、飯に芋を混ぜてたって聞いたような。
当時の相場は分からないけど、戦時中の一般庶民にはなかなか
米は手に入らなかったんじゃなかったっけ。
このあたり、もう一度聞いておくか。

で、以前俺の伯母(つまりばあちゃんの娘)が、芋づるできんぴらを作った時のこと。
他の人は美味しい美味しいと言って食べてたんだけど、ばあちゃんは戦時中の
ひもじかった時のトラウマで、箸をつけられなかったそうです。

139 :やめられない名無しさん:03/11/29 22:32
自分は特に不自由なかったけど
親が子供の頃結構苦労してるから
精神的には贅沢と貧乏の時代のはざまにいる気がする。
とりあえず大食い選手権とか早食い選手権とか
食べ物なげたり捨てたりするのは嫌いだ。

140 :やめられない名無しさん:03/11/29 22:41
>>79
それ、おととい食べたんですけど。。w

141 :やめられない名無しさん:03/11/29 22:44
さんま食べた後、骨をストーブであぶって、醤油かけて食べた

142 : :03/11/29 22:56
給食のない時代だったけど、欠食児童がいたな。教科書読んでいたよ。


143 :やめられない名無しさん:03/11/29 23:01
>>142
朝日新聞の読み過ぎw
団塊か?

144 :やめられない名無しさん:03/11/29 23:23
>130
懐かしくて麦焦がし買おうかと思ったんだけど運悪く売り切れでした。
聞いたら200gぐらいのパックが200円とのこと。
来週、また買いに行ってみます。

145 :やめられない名無しさん:03/11/30 18:17
子供の頃、父親が隣村の皮革工場で牛の肉貰って来てみんなで食べてた。
後で分かったけど、ああいうとこの牛って病気で死んだのが多いらしいね・・・・

146 :やめられない名無しさん:03/11/30 18:20
今の時代って、タラコなんか人気で結構高いじゃない。
筋子よりさ。 でもむかしってタラコは貧乏人のたべものだったよね。
金持ちの家の子のおにぎりには筋子が入ってたし。

147 :やめられない名無しさん:03/11/30 21:26
一度でいいから坪井家みたいな食生活がしてみたい・・

148 :やめられない名無しさん:03/12/01 21:09
矢部家ではネズミを食べたって言ってたね

149 :やめられない名無しさん:03/12/03 22:38
子供の時、サンクスで肉まんを貰ってた・・・

150 :やめられない名無しさん:03/12/04 16:15
厨房の時、体育サボって人の弁当食ってたよ。(特に豪華な弁当持って来るヤツ専門でw)
そいつはすぐにセンコーにチクるヤツだったから良心も傷まなかった。
たまにそれで足りないと真面目なヤツのも食ってた スマン

151 :やめられない名無しさん:03/12/04 16:18
>>146
金持ちの子の弁当には鯛の子が入っていた。

152 :やめられない名無しさん:03/12/04 22:40
貧しくて、お醤油ご飯をおかずに
ご飯を食べていた。



153 :やめられない名無しさん:03/12/04 22:41
おかずがなくて、飯にサラダ油と塩をかけて食ってた。

154 :やめられない名無しさん:03/12/04 22:50
>>153
神認定

155 :やめられない名無しさん:03/12/04 23:19
>>153
いいな〜・・・・

156 :やめられない名無しさん:03/12/04 23:21
古米でも艶っつやになるぞ。
塩味をきかせるとピラフ風になる。

157 :やめられない名無しさん:03/12/05 00:42
うちは貧乏なせいでで飯が不味いと思っていたが、小学校に上がって給食を食うように
なって原因は他にあると確信した

うちの定番メニュー

・塩さばのソース煮
・いわし干しの刺身(?)
・豚しゃぶ+ケチャップタレ
・味噌カレー(カレーの味噌汁割り)


母いわく 「わたし、料理得意だよ」
小学校3年以来こいつの料理は食ってね〜

158 :やめられない名無しさん:03/12/05 22:23
ソーライスは安上がりで美味いよ^^

子供の時は特にイカリソースが美味しかった・・・・

159 :おうちはボロくて汚いの:03/12/06 02:38
鯖で魚スキ・・・ようするに牛肉の代わりに鯖が入る。
モツ鍋・・・・・90年代にブームになったりもしたが、それ以前は
        まともな食い物じゃなかった。
へたパン・・・・犬の餌と偽り買って来る。勿論、人間が食う。少しのカビ
        なら削ぎ落とし、焼いて喰った。
鯨・・・・・・・当時は学校給食で食う最低の肉だった。家でも喰わされた。
けんぴ・・・・・犬の肉のこと。俺は喰ったことはないが、友達で喰わされた
        奴がいる。臭いので、生姜醤油で炊いて喰うらしい。



160 :おうちはボロくて汚いの:03/12/06 02:45
これはウチだけ・・・飲み物編 
麦茶に牛乳と砂糖を入れてコーヒー牛乳の代用にした。
 



161 :やめられない名無しさん:03/12/06 16:24
今でも麦ご飯食べてるよ?

162 :やめられない名無しさん:03/12/06 16:33
麦飯って、米より高くつく。

163 :やめられない名無しさん:03/12/06 16:36
警告:小鳥のえさ(あわ、ひえ?)は、すんげ〜まずいです。

164 :やめられない名無しさん:03/12/06 17:41
最近麦食べてます。
米より少し安いですが、麦100%だと不味いです。

165 :やめられない名無しさん:03/12/06 17:53
>>164
麦は10%ほど混ぜてたべるもんだよ  100%なんて食えないよ

166 :やめられない名無しさん:03/12/07 12:56
米6割、麦4割ぐらいにしてます。

167 :やめられない名無しさん:03/12/07 13:01
麦チョコ食ってるるようなもんだもんな〜・・・

168 :やめられない名無しさん:03/12/07 16:01
>>127
ダイエーの中内さんの御親戚ですか!?

169 :やめられない名無しさん:03/12/07 17:32
ごはんに味の素......以上

170 :やめられない名無しさん:03/12/08 22:29
蛇口をひねると、炊きたてご飯がにゅるにゅると出てくるといいね、
と笑いながら話す、明るい家庭でした。

171 :やめられない名無しさん:03/12/09 00:45
しおむすび。美味しかったな。

172 :やめられない名無しさん:03/12/09 02:17
やっぱ鯨だな。
堅くてまずかった。

173 :やめられない名無しさん:03/12/09 08:40
食費節約のために婆ちゃんが庭で色んな野菜作ってた。
中でもコンフリーのおひたしが好きだったんだけど
有毒な植物だと知ったのは婆ちゃんが死んだあとだった。

174 :やめられない名無しさん:03/12/09 08:43
土壌も酷いもんだったろうと想像するよ
南無ー

175 :やめられない名無しさん:03/12/09 18:42
親父不在時限定で、「今日は黄な粉ご飯ね〜」と。
小学校の頃は良くあったな。

親父は真面目に働いてる普通のリーマンなのに、浪費家のお袋
は上手くやりくりできたためしがない。
(親父の)給料が入ると好きなものを好きなように買っていたせいか、
月末はしょぼい飯を食わされた。ハムカツ一枚のおかずで晩飯なんて
ことも良くあった。

それでも、親父にはまともなメシを食わせていたようだから、人間のクズ
というレベルには落ちていないだろう。たぶん。俺の学費は自分の交遊費に
使い込んでいたが。

176 :やめられない名無しさん:03/12/09 23:38
>>153
オレは塩だけだった.....

177 :やめられない名無しさん:03/12/09 23:41
http://profiles.yahoo.co.jp/moekosanjp

178 :やめられない名無しさん:03/12/10 16:14
>>172
鯨といえば、刺身で食べた
鮪とかの刺身は、小3になるまで
食べたこと無かった。

あと、肉といえばマトンだった

179 :やめられない名無しさん:03/12/10 16:32
>>178
肉食えるだけマシだと思えよ! この乞食野郎が!

180 :やめられない名無しさん:03/12/10 16:49
腹が減ったら  はったい粉にお湯と砂糖かけて混ぜる。
粘土を思わせるような感じ。これがまた ウマァー

181 :やめられない名無しさん:03/12/21 15:17
子供の時は毎日、ステーキ、カニ、あんこう、ふぐ鍋といいもんばっか食ってたが家が倒産して毎日、つけもんに飯

182 :やめられない名無しさん:03/12/21 16:23

白い飯食えるヤツはみんな金持ち

       〜銭金より

183 :やめられない名無しさん:03/12/21 19:37
おいおい、いくらなんでも白い飯が金持ちなんて、
半世紀以上前の話だろう?
ここはBグルの高齢者専用スレかw

でも子供のころは麦飯だったなあ。
麦がつるん、と舌触り良くて大好きだった。
今も健康的なんで麦飯だぞ〜〜〜

あのころの最高のおかずは鳥の皮の炒め物だった。

184 :やめられない名無しさん:03/12/21 20:49
裕福な日々は怖い

185 :やめられない名無しさん:03/12/21 22:55
でも子供にはうまいもん、とは言わんでもひもじい思いは
させたくないわなあ。

186 :やめられない名無しさん:03/12/21 23:35
>>122
メロンの形のアイスうまかったね〜。

187 :やめられない名無しさん:03/12/21 23:36
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1072016072/14-

188 :やめられない名無しさん:03/12/22 02:53
夕食がそうめんだけだった時は唖然としたよ。
それからは味がないから嫌いとかいいながら母にほかの料理を作らせて
そうめんは食べなくなったなぁ。蕎麦は相変わらず好きだけど。

189 :やめられない名無しさん:03/12/22 02:57
素うどん、かけそば、インスタントラーメン(具なし)はOKだけど、そうめんだけだと妙に
貧しい気がするのはなぜだろう?

190 :やめられない名無しさん:03/12/22 04:40
納豆の数を数え分け合ってた・・あの頃。。。

         il||li  
      ∩_∩    
     /⌒ヽ )  
.....,,....〜(,_,,,).....,,,,....

191 :やめられない名無しさん:03/12/22 07:23
俺は今でも普通に近所の広場でバッタ捕まえて焼いて喰ってる
別に貧乏とかじゃなくて、あの香ばしい味が好きだからなんだけど
29才、フリーランスの在宅仕事だから時間は結構あるんだよね


192 :やめられない名無しさん:03/12/22 07:47
晩御飯じゃないけどおやつとして、モチの木って呼んでた木の新芽で
ぷっくりふくらんだ葉を食べてた。
後 あぜ道に生えてる草で赤っぽい茎のやつも食べてたな。
両方共うまいもんじゃない、ただ「食べれる 食べれる」て友達と
喜んでいた思い出
あの当時(1960年代) 田舎じゃご飯はあったけど
おやつってもんが不足してたんだな。 

193 :やめられない名無しさん:03/12/22 09:25
竹を二つに割ってその中にパイ生地のスズキを挟んで蓮葉で包んでドロで包んで直火で焼いたら美味しいよ。
簡単だけいちどやってみてさ

194 :やめられない名無しさん:03/12/22 09:26
貧しくても、白い米が食えるってのは良いもんだ・・・>>1

195 :やめられない名無しさん:03/12/22 22:51
片栗粉に砂糖とお湯を入れて沸騰させたものを食べた事があります。

196 :やめられない名無しさん:03/12/22 23:12
おやつは角砂糖。
親戚の葬式から貰ってきたやつ。
お供え用の派手なラッピングで線香臭い。


197 :やめられない名無しさん:03/12/23 15:18
>>195
それって、葛湯に近いものだけど、オレモ食べた事ある。
何て名前なんだろ?


198 :やめられない名無しさん:04/01/03 18:19
>>197
うちでは同じものを
「く ず ゆ」として
食べさせられたが…

199 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

200 :やめられない名無しさん:04/01/06 22:09
>>197
うちでは通称「かたくり」でした。
そのまんまやねんけどね。

201 :やめられない名無しさん:04/01/06 23:31
>200
おお、うちも同じでした。
買い置きのオヤツなんて滅多になかった&当然貧乏だったので、
私が「オヤツ食べたい」とごねると、母がよく「かたくり作ってあげようか?」
と言ってそいつを作ってくれました。嫌いじゃないけども少しややこしげな
味わいの食物をキボンヌ、と子供心に思いながら食べてましたなあ。

202 :やめられない名無しさん:04/01/07 09:49
片栗粉+佐藤+お湯って「くずゆ」じゃなかったのか・・・・@鳥取S50年代


203 :やめられない名無しさん:04/01/07 10:28
葛湯は葛粉。
味が全然別物だよね。
ウチの親は葛湯よりずっと固く作っていたような記憶がある。
美味しいとは思わなかったな。

204 :やめられない名無しさん:04/01/07 18:06
屁がカメムシみたいな臭いになって嫌われる。

205 :やめられない名無しさん:04/01/13 07:39
親がコンビニでバイトやってたからさ、
廃棄を持って帰ってくるわけ。

しかし、一応内部の人間だから、添加物
なんかについても知ってて、未調理ものの
鍋とか、うどんとか、とにかく安全そうで
廃棄になった物を、わいが料理して
母の帰りを待っていた。

鍋は具材種類多くてバランスとれてるからね
頻用した。スープとかも野菜入れて、
ウインナー入れてって。最後の味調整は母。

おかずのパックとか、お弁当は
もって帰って来なかったよな〜。

206 :やめられない名無しさん:04/01/13 14:45
寿司と焼肉
今ではあんな貧しい食事は考えられない。
うちは貧乏だったからなぁ。

207 :やめられない名無しさん:04/01/13 15:53

意味不明なんですけど。

208 :やめられない名無しさん:04/01/13 16:25
>>207
寿司や焼肉より良いものを食っている(と思っている)
(自称)金持ちだと思われ。

209 :やめられない名無しさん:04/01/13 17:05
ふすま(豆を家でかなづちで叩いてつぶしたもの)
芋がら(芋の茎)
干し芋
漏れが小さいころは配給切符を持って、母親がうどん製造販売所に行列しました。

210 :やめられない名無しさん:04/01/13 21:15
とんでんの寿司って食文化を舐めてる寿司、とても寿司を一度でも食ったことある
人間が出してるとは思えない子供用の寿司の味だ
さすがに客入って無いけど、よくこの値段でこんなの食ってるなと
辺りを見回しているようなお客がけっこう居る
あれは酷い値付けだな、とにかくなんでも1000円以上で
利益出せの発想かも知れないが、あんな寿司なら客は来なくなるし
店じまいだろうな

211 :やめられない名無しさん:04/01/13 21:17
見事な誤爆ですな。

212 :210:04/01/13 21:35
味にわびさびのかけらも感じれられないのは事実

213 :やめられない名無しさん:04/01/13 21:56
お正月だけ丸いハムを食べることができた。

214 :やめられない名無しさん:04/01/13 21:57
「くずゆ」ナツカシイ!
家は婆が作ってくれたよ。
水にかたくり粉と砂糖を入れて、煮詰めて作ってた。

思い出したら食べたくなってきた〜


215 :やめられない名無しさん:04/01/13 22:00
魚肉ソーセージにとんかつソースを掛けただけのものが昼飯のおかずだったりした。
(それがけっこううまかったんだよな〜、ぐっすん)


216 :やめられない名無しさん:04/01/13 22:28
俺、それ今でもやってるし…。
ギョニソーを縦切りにしてフライパンで焦げ目がつくまで焼く。いっしょに目玉焼きも焼く。
同じ皿に盛ってソースをかけて食うのが定番。

217 :やめられない名無しさん:04/01/13 22:29
コンフリーって知ってるかな
昔青汁何かで流行った葉野菜なんだけど

うちではコレをフライにしてました
やたら巨大なほとんどコロモだけのフライなんだけど・・・

最近妙にコレが食べたくてしょうがない

218 :やめられない名無しさん:04/01/14 01:02
>>207
意味がわからない?これだから貧乏人は困る。寿司、焼肉なんて貧しい食事
だよ。

219 :やめられない名無しさん:04/01/14 01:13
食パンの耳を無料でもらってきて公園の
すべり台とかで日に当てて乾かしてそれでかわいたら
こすり合わせて粉にして給食であまった牛乳とお砂糖をまぜてのむんだ

220 :やめられない名無しさん:04/01/14 01:31
>>219 ホームレス発見!!生活補助に頼って生きるなよ!

221 :やめられない名無しさん:04/01/14 10:25
はったいこ

222 :やめられない名無しさん:04/01/14 12:52
魚ソーセージを焦がすと確か発ガン性があったはず

223 :やめられない名無しさん:04/01/16 07:37
207は、なんかココロが貧しくて
ほかに行くとこないみたい、可哀相・・・。

224 :やめられない名無しさん:04/01/16 23:57
うちのおばあちゃんはたけのこの皮を梅干と一緒に漬けて
それをしゃぶっていたらしいよ。

225 :やめられない名無しさん:04/01/17 00:34
正月におもちが買えなくて、御飯を潰したのを親子で食べてたら
隣の人がおもちを三個くれた。
ストーブでじゃがいも焼いて、醤油かけて朝ご飯。

でも大学まで来れた。22歳

226 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

227 :やめられない名無しさん:04/01/20 12:37
>>225
あんたもあんたの親も正しい。
エライ!
今の世の中、金が無いからと言って、サラ金で金借りた挙句、
自己破産するような奴ばかり。サイテーだ。

228 :やめられない名無しさん:04/01/25 09:07
俺は子供の頃に犬を食べていた記憶がある。
なんでだろう・・・・

229 :やめられない名無しさん:04/01/25 09:23
満州事変のころ、おばあちゃんは柿の葉を食って餓えを凌いだそうだ。


230 :やめられない名無しさん:04/01/25 09:29
冷蔵庫にほうれん草しかなくてバター炒めにして姉と2人で食った記憶がある。
そんな姉貴も嫁いでしまって何年も会ってないなぁ。




231 :やめられない名無しさん:04/01/25 09:35
>>132
君のおじいさんはライト兄弟より早く動力飛行に成功させていたんですね
<日露戦争>
 1903/02〜
<ライト兄弟の動力初飛行>
 1903/12/17

家は家屋がボロくて狭かったが最低限のモノは食べさせてもらっていたな
但し夏休み間中、毎昼食は必ず素麺だけだった・・・

232 :やめられない名無しさん:04/01/25 10:15
7歳の時、母が「家出します」ってメモ残して失踪。
仕方なく4歳の弟と隣んち行ったら、めんどくさそうに冷えた塩結び2個。
冬だった。震えながら食べて、結局夜10時頃母は帰ってきた。
父へのあてつけのメモだったらしいが、父はまだ仕事していた。
今思うと、なんで父に電話しなかったんだろう。
隣の人におむすび貰った、って言ったら「恥さらすな」とぶたれた。

233 :やめられない名無しさん:04/01/25 12:28
日露戦争で鳥取の湖山に防人で行ってたお祖父ちゃんはゼロ戦のエンジンオイルで海産物の天ぷらを揚げてたって言ってた

234 :やめられない名無しさん:04/02/03 22:51
保守

235 :やめられない名無しさん:04/02/07 08:33
最近のおこちゃまは貧乏で食べる物に困ったりということがないようなのか、このスレあんまり伸びないですね。

236 :たけたけし:04/02/07 10:03
味噌おにぎり・・・

237 :味噌おにぎり:04/02/07 10:27
>236
 分かる分かる。ウチも子供の頃金なくて味噌おにぎりだけの食事が続いた事あるよ。
 ガスとめられてるなか、食べてたなぁ。

 ウチは電気・ガス・水道よくとめられてたけど、水道とめられて水が使えず、炊飯できない
 からといって、近所の人からお金を借りて出前とか取ってたな(w
 その金で水道代払えって!
 ホントにウチの親はdqnもdqnだ。腹が立つわ。

238 :やめられない名無しさん:04/02/07 14:54
漏れは漁村出身で離島だったから、肉なんかほとんど食えなかった。
すき焼きといえば鯖すき、カレーには海老、烏賊なんかが入っていた。
献立も近海魚の煮物、焼き物、刺身、干したやつ、etc・・・
味噌汁の具も魚といった感じだった。
おやつは渡り蟹かシャコの塩茹でか干したカレイがメインだった。


今となってはどれも高級食品ですが。

239 :やめられない名無しさん:04/02/07 18:29
小麦粉で作ってたもの
水と塩でやや固めに溶いたものを油をひかないフライパンで薄焼きにする。中東のパンみたい。スナック感覚でウマー
水が多めのものは油をひいて焼く。黒糖を水で濃い目に溶いたものを塗るとウマー
また、キャベツ、甘いタクアン、天滓、煮干の粉を焼く途中で中に投げ込み生地を足してで裏表を焼く。醤油を塗って喰う。

240 :やめられない名無しさん:04/02/11 23:44
いりたまご。
毎日おやつはいりたまご。
朝は目玉焼きで
昼は玉子焼きだた。

241 :やめられない名無しさん:04/02/12 09:48
>>240
それは貧乏というより手抜きでは?

242 :やめられない名無しさん:04/02/13 21:28
マカロニ塩茹でとたまごご飯が大好きでした。
フライドポテトやサッポロ一番塩ラーメンもよく登場したけど、好きだから
単純に喜んでました・・・。母子家庭の思い出。

243 :やめられない名無しさん:04/02/14 09:04
いなごの甘露煮をいまだに食べてます(´・ω・`)ショボーン

244 :やめられない名無しさん:04/02/14 09:13
硬くて臭い鯨ばかり食わされてた。
一緒に煮る水菜も子供の好む味ではないわな。
だけど一日だけあの日に帰りたい。

245 :やめられない名無しさん:04/02/14 10:03
畑で取れた野菜が中心だったなぁ
今でも好きだけど、魚肉ソーセージは
なんかしあわせを感じたよ。

246 :やめられない名無しさん:04/02/14 10:12
母と妹の3人で卵一つを朝ごはんに食べた記憶があります

247 :やめられない名無しさん:04/02/14 12:31
貧乏だったけど、楽しかった子供時代。
漏れもあの子供の頃の貧乏だった日に「一日だけ」戻りたい。
あくまでも「一日」だけでいいです。

248 :やめられない名無しさん:04/02/14 12:38
>>238
わろた

249 :やめられない名無しさん:04/02/14 12:41
港区の公立小学校30年前

遠足の時ローストチキン(鳥の足)
を見せびらかす奴がいますた
周りの奴はよだれ垂らしてますた

250 :やめられない名無しさん:04/02/14 16:50
ご飯に味塩かけて食ったりした。
たま〜に卵かけご飯。





米も買えずに親戚の家回って母さんが米もらう姿に
子供ながらに泣いたな。
でもそんな経験あったからこそ、食材を腐らせて捨てたことなんて無いです。

251 :やめられない名無しさん:04/02/15 15:49
母親が小さい頃貧乏だったらしくて
「おかずが少ないのはいやだ」といって
いつも食べられる量以上のおかずを作る
で、結局食べきれず捨てちゃう
もったいないから注意するけど直らない

252 :やめられない名無しさん:04/02/16 16:43
親父がDQNだったおかげで、家に金はあるのに私の夕食代が無かった。
ご飯代頂戴といっても、親父は「俺コンビニで買ってくるから」といって、
自分の飯の事しか気にしなかった。一月三千円を、もったいぶって
渡してくれるだけだった。下手な事を言って臍を曲げられたら飢え死に
するから、黙って受け取った。

米があるときは、米に塩かけて食べてたなあ。
乏しい小遣いでパンを買って、一日三枚で飢えをしのいでた記憶がある。

最後は母親のところに逃げ出した。どれだけ罵られても(こっちもDQN)、
飯は食わせてくれるから。

>251
お母さんの気持ち判るなあ。私もつい、冷蔵庫をいっぱいにしてしまうよw
食べられないくらいのおかずとか、一週間分の食料が詰まった冷蔵庫とか、
そういうのは何か食べるものがある、心配する必要が無いんだ、という一種
の記号なんだよね。

253 :やめられない名無しさん:04/03/01 17:00
保守

254 :やめられない名無しさん:04/03/02 09:17
遠足に野崎の馬肉コンビーフ持て行ったら
リビーのコンビーフ(35年前高級品)持ってきた
友人に馬鹿にされた(脂身が少ない)今はスーパーの安売り品(リビー)

255 :やめられない名無しさん:04/03/18 16:50
家族で吉野家行くのが贅沢だったTT

256 :やめられない名無しさん:04/03/18 16:53
↑、150円ゃる

257 :やめられない名無しさん:04/03/18 20:33
家のすぐそばに清水が湧いてて
せりが生えてた。ばあちゃんが摘んできて
胡麻和えつくってくれたな。
家の周りもばあちゃんが、なすだのねぎだの植えまくって。
けっこう家計は助かってたかな。


258 :やめられない名無しさん:04/03/18 22:32
>>257 うわー!超贅沢!

259 :やめられない名無しさん:04/03/19 01:02
5歳のときに、しゃぶしゃぶ食った。
6歳のときに、フグ食った。

260 :佐藤守(本名) ◆CSaSPFPJ7o :04/03/19 01:31
>>259
だからなんだよ(w

261 :やめられない名無しさん:04/03/19 01:33
家でたべるパンは全部給食の。おやつも夜食もデザートも
食パンかコッペパンみたいなやつばっか。
つけるジャムとかバターも全部給食の。
父親は中学狂死だった。

262 :やめられない名無しさん:04/03/19 02:09
ソース味の焼きうどんがアレンジされて
かけうどんで出て来た
スープは付属ソースを湯で薄めたもの
あれにはキレた

263 :やめられない名無しさん:04/03/19 02:22
中学あがるまで鍋全般を『しゃぶしゃぶ』だと思ってた。
湯豆腐も水炊きもしゃぶしゃぶって言ってた。

だからいつも小学生の時『うち今日もしゃぶしゃぶだよー』とか言うと
皆がすげーとか言ってた。意味がわかったのが中2ぐらいの時だった。

264 :やめられない名無しさん:04/03/19 02:45
ダンボール買いの即席メンに
冷ご飯をぶっ込んで食べてた、
そんな日々だった。

265 :やめられない名無しさん:04/03/27 00:41
age

266 :やめられない名無しさん:04/03/28 12:21
ごはん。そして食卓の中央にデンとおかれた丼に大盛りのおから。
でも美味かった。今でもおから好き。

267 :やめられない名無しさん:04/03/28 13:48
土日の昼はすいとんかニラせんべいだった。

ここでニラせんべいを知らん香具師のために解説すると、要は
ニラと小麦粉と水と塩を入れて生地をつくり、それをフライパンで
両面焼くだけのものである。
それを醤油に付けて食って食事はおしまい。
それでも子供の頃はそれなりにうまいとおもったんだけどなぁ…

ちなみに、上は1970年代後半の話だったりする。



268 :やめられない名無しさん:04/03/28 13:56
ニラせんべい1970年代後半の話
うちもそれだったな。うちのは味噌入れて粉を水溶いていた。
テレビで流行ったのかな。

269 :やめられない名無しさん:04/04/04 18:39
味噌おにぎり。
米と味噌だけだから。味噌無いときは醤油。
具無しだけど、結構好物だった。


270 :食いだおれさん:04/04/04 21:46
あったかいごはんにバターを一切れ、そして醤油を少しかける
バター飯・・懐かしいwこれうまいぜ

271 :やめられない名無しさん:04/04/04 22:07
>>270
それ旨いよね。うちのオヤジ大好きだよ。俺も好きだけど、カロリーが・・・。

272 :やめられない名無しさん:04/04/04 22:39
焼き肉とはホルモン焼き(しかも、鳥とか豚)のことだと思っていた。
カルビ、ロースの存在を知ったのは中学生2年のときだ。

273 :やめられない名無しさん:04/04/04 23:30
子供の頃のごちそうはマルシンハンバーグでした。

274 :やめられない名無しさん:04/04/04 23:32
魚肉ソーセージ炒めだ、ごちそうといえば。

275 :やめられない名無しさん:04/04/04 23:37
>>270
バター醤油ごはんにきざみのりパラパラ(゚д゚)ウマー

276 :やめられない名無しさん:04/04/05 00:03
バター醤油めしには鰹節が付きもの。

277 :やめられない名無しさん:04/04/05 00:37
バター醤油ご飯に帆立いれるとうまい
このスレの趣旨としては邪道だが。

278 :やめられない名無しさん:04/04/05 01:04

炊き立てご飯に生卵一個かけてぐるぐる混ぜて醤油たらしてかき込んで
終了。


チビロクラーメン パパはみっつ、ママはふたつ、ワシはひとつ。ねぎとモヤシ
入れて一丁あがり。

裏山にはえてるヨモギを天ぷらにしてウマー。

279 :やめられない名無しさん:04/04/05 01:11
ホントの話だけど・・・

食パンの耳をタダでもらうために毎日朝の五時半にパン屋の裏口で
待っている主婦がいる。しかも数人。順番並びで無言のにらみ合い・・・

平成の16年、実際にいるんだよね。こういう人たちって。
皆さん 甘い甘い。

280 :やめられない名無しさん:04/04/05 05:33
>>279
旦那がリストラされて大変なんだろうな
私も食べられる草はないかと草の毒味経験あり
子供時代より貧しい体験した

281 :やめられない名無しさん:04/04/08 07:38
うちは片親で、母親が働いてた宴会屋で客が残した食べ物が
よく夕飯に出てきてました。
今考えると・・・・汚いじゃん。
もしかしたら一度口に入れて出したものかもしれないのに。
でも文句言わず食べてた。

282 :281:04/04/08 07:40
あとね、なんか知らないけどイカばっかり出てきてた。
イカリングとかイカの焼いたやつ。
味噌汁は常に大根。
でも、太らなかったのでヨシとしよう。

283 :やめられない名無しさん:04/04/20 11:54
小学生の頃
朝:永谷園のお茶漬け(親は寝てるから自分で作る)
昼:出前一丁具無し(親は寝てるから自分で作る)
夜:卵焼き、ご飯
というのが普通でした。当たり前だと思ってたから辛くはなかったな。

284 :やめられない名無しさん:04/04/20 14:37
農家なんで米はいっぱいあった。
小学生の頃、ご飯のおかずは毎日自分で作ったいり卵。
おかず一つでご飯を沢山食べる方法として、しょっぱい味付けにする事を思い付く。
毎日しょっぱいの食べてたら、小1の時腎炎だか腎盂炎だかにかかってしもた。
しょっぱいもののせいかは分からないけど、多分そのせいだと思う・・。


285 :やめられない名無しさん:04/04/20 21:06
厨房だけど ごはんとうめぼしがあったがする

286 :やめられない名無しさん:04/04/20 23:23
「道楽そうめん」 これは正式名称なのかなんなのか未だに不明でつ。
実際に使うのはそうめんではなく、ひやむぎ(今でも250g入100円程で売られている
「ナンバーワンひやむぎ」)
茹でたひやむぎを熱い鍋ごと食卓へ。各々麺をすくって、醤油でかき混ぜた納豆につけて食べます。
安上がりでウマーでウチの定番メニューですた。

あと、ツクシやフキノトウをそのへんから摘んで来るように母親から云われました。
ツクシはおひたし、フキノトウは味噌汁で食べました。

287 :やめられない名無しさん:04/04/20 23:49
7人兄弟だったので、おかずはいつも楽に大量に作れるものだった。
まぐろフレークの卵炒めとかチャーハンとかを
でかいフライパンに山ほど作ってテーブルにドン。
それをみんなで貪り食ってた。
貧乏だったけど食うには困らなかったなぁ。
着る物には困ってたけどw

288 :やめられない名無しさん:04/04/21 01:37
ご飯じゃないけど・・。
食後のティータイム、大好きだったけど使うティーバックは多くて二個だったなぁ。
五人家族だけど。
五人で、三つの布団に寝てたんだけど。
絶対一人は微妙に敷布団の間で掛け布団は重なるんだなぁ・・・

289 :やめられない名無しさん:04/04/21 04:16
かれこれ4日卵すら無い水のみお好み焼き。
水だけだと蒸発しちゃってペラッペラの物体になるんだよなぁ・・・
醤油に付けて食べてます。
腹減って寝れないや。
子供の頃のがまだマシだったような・・・

290 :やめられない名無しさん:04/04/21 04:31
>>289
公園、土手、道端の野草を入れて、季節の野草焼きしたらどう?

291 :やめられない名無しさん:04/04/21 10:48
儂は昔 米5 粟5のご飯を たまご飯と騙されて食わされてますた
今年50でつ

292 :やめられない名無しさん:04/04/21 10:57
>>263
ワロタ

293 :やめられない名無しさん:04/04/21 17:30
お茶漬け海苔(永谷園のフツーのやつね)は
一回に付き半分ずつ使うのがデフォルト。
前半はあられと海苔(味無し)。後半は緑の顆粒(濃い味)。
サッ!サッ!と開封前に撹拌する知恵を自ら探り当てた、幼い日(5〜6歳)。

それ位の小技は伝授してくれよ、ウチの母・・・(´A`)
そういうのは、過保護って言わないんだよ・・・。



294 :やめられない名無しさん:04/04/24 11:42
漏れ、弟、妹と下の子になるほど明らかに体格が良くなって
いってるんだが、乳幼児期の食生活の違いだと思う。

295 :やめられない名無しさん:04/04/24 12:24
春雨にマヨネーズをかけたものや豆腐にマヨネーズが僕のウチのおかずだった。
とにかくなんでもマヨネーズがかかってる。
あとモヤシカレー。
モヤシは新鮮なヤツじゃないとダメみたい。
一回腐ったみたいなの食わされた。
こん時は本当に家出したくなった。

296 :やめられない名無しさん:04/04/24 23:34
寒くなると、よく夕飯がスイトンになったな〜
しかも出汁とか肉とか入らないので凄く不味い、母親に文句を言うと
スイトンとは不味くて当たり前だ、嫌なら食うなとよく言われたな

昭和30年前後の理屈を平成の世にもブチかまされたな…

297 :やめられない名無しさん:04/04/25 00:08
アジシオかけごはん...

298 :やめられない名無しさん:04/04/25 00:33
>>297
野菜が全くダメなオレを直そうと毎日野菜のおかず責めに
会っていた幼少の頃、毎日食ってた。だから今でもおかず
全く無しでも飯食える。

299 :やめられない名無しさん:04/05/07 20:49
age

300 :やめられない名無しさん:04/05/07 22:01
300

301 :やめられない名無しさん:04/05/08 01:17
醤油かけ麦ご飯と、擦り胡麻塩ふりかけ麦ご飯。貧乏ながら旨いと思ってた。
今でも大好物。バアチャン、カアチャン有り難うm(__)m

302 :やめられない名無しさん:04/05/08 02:57
祖父が自営業で借金抱えてて、店自体は繁盛してたが
額が大きかったせいかいつまでも貧乏脱出ならず、の幼少時代。
一番のご馳走が袋入りインスタントの
サッポロ一番みそラーメン または 龍昇(?字忘れた)味噌ラーメン
で、次があったか飯にバターと醤油かき混ぜただけのバター飯


303 :やめられない名無しさん:04/05/09 16:14
袋ラーメンを兄弟で分けっこして戴くのは、デフォだったな・・・。
もちろん「素ラーメン」な。
料理好きな母親から生まれた香具師が、すごく羨ましかった。

母親の料理の味なんて思い出せない・・・orz

304 :やめられない名無しさん:04/05/09 16:30
給食まずい、なんて言うヤツが結構いたけど、
めっちゃウマイと思ってた。

305 :やめられない名無しさん:04/05/12 00:01
子供の頃のおやつ

ざらめと煮干し

月に一度のカレーライスがごちそうでした

306 :やめられない名無しさん:04/05/12 17:22
ふた月に一度のブタすき焼き
玉子は5人で2個
内容は白菜、豚スジ肉、魚肉ソーセージ?
量は中フライパン1杯分(もちろん5人前)


平日はメザシ2本(5人で)

そんな感じだった

307 :やめられない名無しさん:04/05/13 21:30
お母さんは弟と遊び行って夜の12時まで帰ってこないから
黄色くなったご飯とアジシオで晩御飯は終わりだった。

10年前の8歳の頃。
でもその時代があったから今は自炊が得意になった。

今でも弟とご飯が違うのがムカツク

308 :やめられない名無しさん:04/05/13 22:12
実家は瀬戸内海沿岸の貧乏底曳き漁師
幼少の頃、肉が食いたいと言っても食べさせてもらえず、食卓に並ぶのは
タチウオ、カサゴ、ハモ、シャコとかキモい魚介類ばっかだった

でも今になってみるとあの頃の魚が食べたくても食べられない

309 :やめられない名無しさん:04/05/13 22:34
朝食→抜き
昼食→給食
おやつ→友達の家に「遊ぼ」と押しかけ、ついでにご馳走に。
夜→給食で持ち帰ったパン

310 :空想化学会社HIH:04/05/13 23:01
漏れ的には普通だったが小学生の頃、年下の友人と妹を夕食に招いたら
漏れより背が低いくせに40cm級のソバ入りモダンを2枚食い
妹も1枚半食って帰った・・・ウチの親からは「お前は小食だ」と
言われたが、いまだに彼らの食った量はクリアしていない。
アトで聞くと【飯抜き当たり前】の家庭だったそうだ・・・

311 :やめられない名無しさん:04/05/14 03:24
このスレは気力のあるときしか見ない。
だって、気弱なときにみると、泣いてしまいそうなんだもの・・・

312 :やめられない名無しさん:04/05/14 03:29
ふりかけが多かったなぁ

313 :やめられない名無しさん:04/05/14 12:35
素ウドンばかり食ってた気がする。日雇いの親父は片手に鷹の爪持って噛りながら食ってた。

314 :やめられない名無しさん:04/05/14 15:23
父がいる日は白飯。他は麦飯。袋メンはご馳走。夕食、50円の豆腐半分味噌汁。残りは4等分、薬味ナシの冷奴。焼き魚、父と姉は1匹ずつ、私と母は2人で1匹。でも母と半分こが楽しくて。パン耳を牛乳に浸し、バターで焼いたおやつを、母はよく作ってくれた。懐かしいな…。

315 :やめられない名無しさん:04/05/14 15:28
↑貧しいけど思い出が豊かですね

316 :やめられない名無しさん:04/05/14 18:38
カレーの肉は鯨の缶詰入れてました。

317 :やめられない名無しさん:04/05/14 18:41
>>316

贅沢だね、うちは油揚げだったよ。


318 :やめられない名無しさん:04/05/14 18:45
316さん他にどんなのが具?

319 :やめられない名無しさん:04/05/14 18:48
駄菓子やで売ってた串カツ、ビッグかっちゃん。
これをオカズにご飯を食べられる日が最高のおごちそうの日だった。

320 :316:04/05/14 18:49
他はにんじん、たまねぎ、いもと普通だった。
でもジャガイモではなく田芋(小芋の親)の時も有った。

321 :316:04/05/14 18:50
肉の代わり魚肉ソーセージを使う時も有った。

322 :やめられない名無しさん:04/05/14 18:51
俺んちは、ちくわカレーをよくしていた。

323 :やめられない名無しさん:04/05/14 18:53
でもこどもの時おいしかた?316さん

324 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:03
 俺の家では、ただで貰ってきたモンバに小麦粉と水を入れ肉団子状にして
揚げたのを、カレー、酢豚、八宝菜、汁物、鍋等何にでも毎日使っていた。
毎日モンバを貰ってくるのが、ばあちゃんの仕事で、同じ住宅の人に
売りもしていた。
 それと玉ネギの代わりにいつも青ネギ使っていたが、この青ネギを
育てるのは俺の役で、住宅の前にある中央分離帯で育てていた。

325 :316:04/05/14 19:05
>>323

なに食べてもおいしかった記憶が有ります

326 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:05
もんば?

327 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:07
316さん一番それがぜいたくですね

328 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:09
ビンボでも料理好きだったり工夫してると何か違うな‥初めてウインナ食べた時、この世にこんなにウマイもんがあるのかと子供心に思った。

329 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:12
魚肉ソーセージなんて貧乏じゃなくても普通に食べるよ
お弁当にも便利だしね
パンにマヨネーズでレタスとはさんでもいいし

330 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:12
>>326
>もんば?

 豆腐の絞りかす、落ちの親の若い頃まではモンバ飯といってこれを
米代わりに主食にしてたといっていた。

331 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:14
とりあえず、普通の家庭で本当の貧乏ってそうそうないと思うよ
よほどのことがないとね


332 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:14
>>330
おからのことかな?

333 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:15
もんば=おからだね

334 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:16
モンバ=豆腐の絞りかす
と言う事は、おからの事ですね。
何処の地方?

335 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:17
京都です。

336 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:25
私の実家は京都の豆腐屋ですが、おからは昔は養豚場がただで
引き取ってくれたのが近隣の養豚場が廃業したので産廃業者に
お金払って引き取ってもらってます。

337 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:30
>>330
モンバ飯&京都から察するに伏見区ですな。

338 :やめられない名無しさん:04/05/14 19:46
>>324
中央分離帯でネギ育てるって、文句言われないの?

339 :やめられない名無しさん:04/05/14 20:14
>>338
察してやれよ…

340 :やめられない名無しさん:04/05/14 22:29
>>338
そのことはアンタッチャぶるぶるぶる・・・・
よう聞くわ、おおこわ。

341 :やめられない名無しさん:04/05/14 23:27
うちは外食とか全く行かなかったな。
初めてファミレス行ったの高校生のとき(友達と)・・・
それまでファミレス=高級っていうイメージがあって
うちには縁がない行けないところと思ってたよ。

夕飯とかは母親が適当に買って来る惣菜とごはんとみそ汁
共働きだったから仕方ないが母の手料理ってあんまり無かった

342 :やめられない名無しさん:04/05/14 23:30
しょうゆ・ソース・みそ
で、ごはん食べてました

343 :やめられない名無しさん:04/05/14 23:34
ガキの頃は普通にメシ食ってたと思う。
そこそこカネはある家だったし。別荘も持ってた。

成人してからの方が食生活は厳しい。
というか、今厳しい。今月に入ってからコメが買えてない。
ひたすらスパゲティーを茹でて食ってる。
しかもミートソースが買えず、ケチャップさえ手が届かず、
たまたま冷蔵庫に残ってたマヨネーズや醤油で食ってる。

はあ・・・マトモなモノが食いたい。
吉野家や松屋にさえ行くカネが無い。
バイトを申し込んでも、面接に行く交通費さえ難儀してる。
日曜に新宿で面接があるんだけど、自転車で4時間かけて
行かざるを得ないかも・・

344 :やめられない名無しさん:04/05/14 23:41
>>343
>そこそこカネはある家だったし。別荘も持ってた。

 えらい違いだ、俺の両親は別荘入ってたので、おばあと二人暮しだった。
かねなんか無かった。

345 :やめられない名無しさん:04/05/14 23:42
味が無いけど 薬箱からオブラート取っておやつに食べてました
あと、裏の空き地に生えてある「イタドリ」って植物の茎をかじってた


346 :やめられない名無しさん:04/05/14 23:46
パンのミミと味噌汁

347 :やめられない名無しさん:04/05/14 23:49
中学校で一番嫌だった弁当

おにぎりにアンコを塗ったおはぎ×2

以上

348 :やめられない名無しさん:04/05/14 23:59
炒った米ぬかをご飯にふりかけて、しょうゆをかけて食べてました

349 :やめられない名無しさん:04/05/15 00:21
俺的には
>>16
>>345がツボなんですが・・・

350 :やめられない名無しさん:04/05/15 00:24
俺は昭和59年生まれの20歳の者ですが
皆さん苦労して生活してきたんですね
私は朝起きたら普通にあったかい食事が食卓に並んでました
夜も同じように毎日違う食事が食卓に並んでました
それがあたりまえだと思っていました
このスレを見て貧しい人の食べてた物を拝見して
ほんっとに悲しい気持ちになりました


351 :やめられない名無しさん:04/05/15 00:35
>345
イタドリは山のように取ってきて、皮をむいて灰汁抜きして煮物に( ゚Д゚)ウマー
学校の帰り道には生で食って( ゚Д゚)ニガー

裏の畑に自生?してた「ちゃーて」と呼ばれる瓜みたいな物の炒め物が好きでした

352 :やめられない名無しさん:04/05/15 00:40
>>289

それはお好みの具が入ってないから 「お好めない焼き」 だ!と友人Hが申して&常食してたw

353 :佐藤守(B板いちのホニホ好き) ◆CSaSPFPJ7o :04/05/15 00:43
サンマが安かったのか、しょっちゅうサンマばかりだった。
俺にとって、サンマとは貧乏の象徴だ。

354 :ななし:04/05/15 01:04
子供のころ、近所や親戚からのもらい物がおかずになってました。例えば、ごはんと桃のみ。ごはんとトウモロコシのみ。はたまた、ごはんとメロンのみ。 今だに、このみっつは苦手です。

355 :やめられない名無しさん:04/05/15 01:13
>>350
ウルセー!
つくしんぼの炒め物を食ってみろ(おいしいよ)
片栗粉でクズ作ってみろ(おいしいよ)
炊きたてご飯の生卵かけてみろ(おいしいよ)

356 :やめられない名無しさん:04/05/15 01:36
ああ、つくしのハカマ取るの楽しかったなあ。
ワラビは苦い。ゼンマイはレアアイテムだった。
ウマイと思ってたけど今考えると大人向けの味だよな。

357 :やめられない名無しさん:04/05/15 02:29
家を出るまで牛肉を食べたことがなかった。
牛はいたんだけどなあ。
口寂しくて、塩の入った壺を膝に抱えて舐めてた記憶がある。

358 :やめられない名無しさん:04/05/15 05:30
親も俺らも食わなきゃ保てないんでいつも大量にカレーを作ってた。
保存が利く三種の野菜にその日に有るものを入れて。殆どガキが作る。
無くなってまだ食いたい時は麦飯に塩かけてカレー粉を少量まぶして食っていたよ。
これは今でもやってます。カレーご飯W

359 :やめられない名無しさん:04/05/15 15:24
歳を重ねる度に心が貧しくなった。

360 :やめられない名無しさん:04/05/15 15:26
親が狂死だったので、給食の残りを片っ端から持って帰ってくる。
家で食うものはほとんど給食のボソボソしたパン。
もちろん、あの風味のないジャムや
混ぜ物たっぷりのマーガリンと一緒にね。食卓は給食パンと味噌汁。最低だった。

361 :やめられない名無しさん:04/05/15 15:26
子供のころ、マクドナルドに行ってハンバーガーを食べてみたかった。
今は行けるけど行かない。

362 :やめられない名無しさん:04/05/15 15:47
小学生の時、仲のいい友達の家が中華料理屋だったので、ジュースやラ
ーメンをよくご馳走になった。その友達が家に来たとき、「お前の家は
麦茶しか出さないのか」と言われ、酷いショックだった。もともと狭く
てぼろい家だから友達を呼ぶのは嫌だったけど、それ以来誰も家には呼
ばなかった。でも母にはそのことは話さなかった。子供ながらに必死で
働いている母にそんなことは言いたくなかった。


363 :やめられない名無しさん:04/05/15 15:57
友達んちに行くといつもお父さんが飲んでて
自分が行くとすごく喜んでよくラーメン屋に連れてってくれた
で、自分と友人が食べ終わると、持参したゴッキーを丼に入れて
”この店は客にjbヴぃあえb;psdhがえうghdんsdんば…”って怒鳴りだして
いつでも無料でした
その地区は地元では有名な×××なとこなんだけど、自分が父親になった今では
その気持ちが少しわかる

364 :やめられない名無しさん:04/05/15 22:11
うち帰るといつも梅のおむすびが二つ置いて合ったなあ。
それより、具合悪くて早く帰った日に、近所のババアと
おやじがエチーしてたのを見た日のショックがいまだに忘れられん。
by 父子家庭

365 :やめられない名無しさん:04/05/15 22:22
最高
http://ime.nu/www.thenausea.com/elements/Chechenya/ofex_h.wmv


366 :やめられない名無しさん:04/05/16 11:12
卵をといて醤油入れたところに茹でたてのうどんを
入れただけってときもよくあったなぁ。
今で言う「釜たま」じゃんw



367 :やめられない名無しさん:04/05/19 10:34
口寂しいときは「わかもと」をかじって過ごしていました。

368 :やめられない名無しさん:04/05/19 21:57
>>367

俺は新ビオフェルミン。

369 :やめられない名無しさん:04/05/21 21:33
「味○素」を舐める。
駄菓子の粉末ジュースの要領で舐めてた。



370 :やめられない名無しさん:04/05/23 22:34
隣の犬のポチの晩御飯
ポチが、そっと僕にくれた

371 :やめられない名無しさん:04/05/23 23:08
いいやつだな >ぽち

372 :やめられない名無しさん:04/05/27 08:13
家にはバターなんて高級品なかったなぁ。
よく、ごはんにケチャップかけて食べてた。
おかずはモヤシを炒めたやつ。

373 :やめられない名無しさん:04/05/27 14:34
鯨って高級品ってイメージ。
食べたいけど今では高くて手が出ない。
にんにくに漬け込んで焼いて食べる。 最高。
家は父親がパチンコで勝った時だけ
家族四人で1つのブリトー分けて食べてた。
最高に美味かった記憶がある。23才。




374 :やめられない名無しさん:04/05/27 15:11
私も小さい頃、子供心にもうちはあまり裕福じゃないって分かってて、
ちょっとしたお菓子でさえも「買ってー。」って一度も言えなかった。
(その反動か、今色んな美味しいもの食べたこと無い物、食べたくてしょうがなくて困ってます。)

でも父母の子供時代は、雑草を食べさせられたり、ちょっといい時でも、
卵は兄弟の一番可愛がられていたお兄さんしか食べさせてもらえなかったりしたとか。

それを思うと、何も言えないなぁって思っちゃう。ちょっと涙が出る。
最近の子供は幸せですよね。

375 :やめられない名無しさん:04/05/27 16:06
子供にそういう思いをさせたくないってことさ。

376 :キマラ ◆QKPoD/ZI7E :04/05/30 22:13
現在厨房だが休職がまずいなんて贅沢だよ。 あいつ 

377 :やめられない名無しさん:04/06/02 17:31
小学校にあがるまでジュースどころか乳酸飲料なんて
一ヶ月に1−2回しか飲む機会がありませんでした。
当時牛乳が18円、スノーラックやパイゲンC、マミーが20〜25円。

駄菓子屋で売ってた5円くらいする派手な色のジュース、色水みたいな
ものに嵌る羽目に。いとこん家に遊びに行ったときに出してくれる
渡辺のジュースの素で作ったジュースがごちそうでした。
(年ばれるな)



378 :やめられない名無しさん:04/06/03 07:02
渡辺のジュースの素です、もう一杯・・・

379 :やめられない名無しさん:04/06/03 09:06
私は幼少のみぎりより飽食三昧で、不味いと言う事がどういう事か今だ理解出来ず、
そのため美味しい事の素晴らしさや感謝を知らないまま大人になってしまいました。

貧しい経験があってこそ美味しさの有難味が判る訳で、そういう意味では、
貴重な経験をされている皆さんをとても羨ましく思います。 アーメン。

380 :やめられない名無しさん:04/06/03 15:25
そう言う人は、修行として絶食して見たら?
イスラム教徒がやるみたいに。

381 :やめられない名無しさん:04/06/04 20:29
メロンの味がする雑草ってあったよね?

382 :やめられない名無しさん:04/06/05 22:24
さしみのツマが味噌汁の具になったことはよくあった。
ねぎonly味噌汁のときもよくあった。
おやつが無かったので、砂糖を水に溶かして弟や妹に作ってやった。
貧しくとも、一家の皆で食卓を囲める幸せは
お金では買えないものでつ。





383 :やめられない名無しさん:04/06/07 08:39
小麦粉を水で練った物をどぼんどぼん鍋に放り込んで、醤油とみりんorめんつゆで味付けした「すいとん」?
そんなもんをガキの頃に食った記憶があるな。他の具はネギだけ。
後、おじや好きでした。具も何も無しに、飯を煮込んでだしの素と味塩コショウ、そんで卵入れて。どんぶりいっぱい食える幸せ・・・

両親生きてると思うけど、家出した身なので5年位会ってません。
てゆーかこのスレ異様に年齢層高くねえ?

384 :やめられない名無しさん:04/06/08 18:08
>>383
41

385 :キマラ ◆QKPoD/ZI7E :04/06/22 20:18
それにくらべていまの厨房は贅沢! 俺も厨房だが香具師らの弁当は豪華すぎる

386 :やめられない名無しさん:04/06/22 23:28
すいとんウマイよな。
子供の頃、親父が晩酌のあとによく喰ってた。
酔うと終戦直後の味が脳裏に蘇ってたんだろうな。

この前帰省した時にリクエストしたらよろこんで作ってくれた。
俺の娘が「おいしい」と言って食べたのをうれしそうにみていた。

387 :美貴:04/06/22 23:31
○芯○芯
ハンバーグ

388 :やめられない名無しさん:04/06/22 23:43
うちは父が某製菓メーカーの社員だったので
毒入り菓子事件の時は本当に貧乏でした。
外食なんてしたことなかったし・・・。
アジの干物ばかり食べてた。


389 :やめられない名無しさん:04/06/23 23:38
揚げ玉は今は売り物だけど、僕が小さいころは無料で分けてくれる
天ぷらやさんがあった。それを貰って、ご飯に乗っけて醤油をたらして
食べたことがある。

390 :やめられない名無しさん:04/06/23 23:50
390

391 :やめられない名無しさん:04/06/24 23:35
このスレを読んでたら家が貧乏だったことよりも、家族揃って食卓を囲んでいたのが
とっても楽しかったってことを思い出したよ。

俺の古き良き日々の為にage

392 :やめられない名無しさん:04/06/24 23:43
家の前が河川だったのでガッコから帰るなり竿持ってハゼ釣ってたわ
そういえば春から夏までほとんどハゼの天ぷらだったような気がする・・・
いま買うと結構いい値段するんだよね

393 :やめられない名無しさん:04/06/24 23:45
小学生の時、土曜日の帰りに母から預かったお金で肉屋でコロッケや
メンチを買って帰るのが楽しみだった。新聞紙に包まれて温かくていい
匂いがした。冷めたら嫌だから走って家に帰った。

394 :やめられない名無しさん:04/06/24 23:49
やはり「かえるのテンプラ」。

金ないときは最高のオカズ!

395 :やめられない名無しさん:04/06/24 23:50
>>392
俺も子供の頃、よくハゼ釣りに行った。ハゼ。メゴチは天ぷら、たまに
釣れるセイゴは塩焼きで食べた。ボラは泥臭くて食べられなかった。
今、天ぷら屋でハゼ頼むと高いよね。

396 :やめられない名無しさん:04/06/24 23:54
とにかくステーキを喰ってみたいと思っていた。

397 :やめられない名無しさん:04/06/25 15:49
>>395
ハゼにメゴチか・・・全然貧しい食卓ではないね(w

398 :やめられない名無しさん:04/06/25 15:53
ハァ?ガッチョをなめんなよ。コラ

399 :やめられない名無しさん:04/06/25 18:21
スレ違いだけど
俺は父親が血がつながってないから、ガキの頃の夕食や朝飯は、オカズを殆んど食べないで、茶碗の中のご飯だけを素早く食べて食卓から消えてたよ。オカズにハシを出すと父親に睨まれたからね

400 :やめられない名無しさん:04/06/27 00:13
400

401 :やめられない名無しさん:04/06/27 00:22
俺が子供の頃、俺の友達の親父は矢場川という川にブリーフ一丁で
飛び込んで、鯉やらフナを手掴みで捕まえて息子に放り投げ。
それを持ちかえってあらいなどにして食べていた。あんな汚い川で
良くやるよとオモタ。

402 :やめられない名無しさん:04/06/27 00:33
昔はたまごかけご飯が最高級の食い物と思っていたよ。
当時はごはん、つけもの、水が常食だったから。

403 :やめられない名無しさん:04/06/27 06:02
どんなおかずにも醤油をまぶして食う癖が抜けない。ガキん頃少量のおかずで飯を食わなければならなかったから。

404 :やめられない名無しさん:04/06/27 06:34
>>399
。・゚・(ノД`)・゚・。ソレハカワイソウダ

405 :やめられない名無しさん:04/06/27 08:45
おかずない時はごはんに醤油と鰹節まぶして食っていたなあ。
今じゃあネコでも食わんだろうな。



406 :やめられない名無しさん:04/06/27 10:19
でもうまいよね、醤油とかつぶし。
それと大根おろしでもあれば今でもごはんいくらでもいけまっせ。
とにかく醤油が頼りだった子供時代だったなあ。それもキッコーマンの安いの。

407 :やめられない名無しさん:04/06/27 22:48
>>405
....今でもやってる....

408 :やめられない名無しさん:04/06/27 22:50
家は白湯と山菜でしたが何か?

409 :やめられない名無しさん:04/06/27 23:08
>>405
今じゃセブンイレブンでおにぎりにされて売ってますから大丈夫。高級食だと思って良し。

>>399
両親揃ってて、兄弟もいて、そんな漏れは幸せなんでしょうね。家出したけどなっ!
俺は家出してから結構幸せな生活してるけど>>399はどうだ?

>>403
俺の場合は少量のおかずでご飯をいっぱい食べる癖が抜けない。
おかずを口に入れる>ご飯をいっぱい入れる>おかずの味が残ってるうちにご飯メインで飲み込む>次のご飯投入
そんな飯の食い方してるんで、普通の定食をご飯大盛りにしてもおかずが大量に余ります。下手すりゃ追加のご飯を注文するのでつ。
炭水化物の取りすぎで太ります。太ってます。

410 :407:04/06/28 10:13
>>409 ナカマだね〜俺もそうだよ〜味が消えない内に継ぎ足し飯でカーボンファットだ。箸に付いたスープで飯を大口で喰える。だから梅干し一個だけの本当の日の丸弁当でも平気だ。

411 :やめられない名無しさん:04/06/28 10:18
生まれてゴメンナサイスレだな

412 :やめられない名無しさん:04/06/28 11:01
昔、食ったね。カエルのしょうが焼き!うまかったです。

413 :やめられない名無しさん:04/06/28 11:15
>>409
わかる、わかる、わかるよぉ〜(安岡力也風w
コンビニ弁当なんて飯が異常に少ないから別途、飯を炊く必要がある。
それでも、おかずを食いきれないので、半分残して、また次回。
炒飯、焼きソバ、焼きうどん、ビーフンでも「with飯」これ基本。

414 :やめられない名無しさん:04/06/28 11:34
父親の、貧しい子供の頃の食卓、いいでしょうか。
田舎なもので、秋、おかずがないと、
親     :”しょうがないなぁ。松茸でもとってきて焼こう。”
コドモ一同 :”え〜又松茸〜?”
松茸が大好物になった今では、逆に全然とれなくなりますた…
ふっ。人生なんてそんなものさ。

415 :やめられない名無しさん:04/06/28 11:50
私はそれを鯨でほぼ言い換えることができる。
子供の歯には引っかかりやすかったなあ、鯨肉&水菜。

416 :やめられない名無しさん:04/06/28 22:09
>>351
お前は高知県民だな!!

チャーテは、皮を向くと接着剤みたいなモノがつくんだよな

417 :やめられない名無しさん:04/06/28 22:16
よくサキイカやノシイカでごはん食ってた。

418 :やめられない名無しさん:04/06/28 23:41
あげ

419 :405:04/06/29 00:16
オレはおかずが全く無くても余裕でゴハン食べられるよ。

420 :やめられない名無しさん:04/06/29 00:22
高知は鰹が主食

421 :やめられない名無しさん:04/06/29 00:24
醤油と鰹節なしでも?

422 :やめられない名無しさん:04/06/29 01:04
幼稚園の頃、友達だった子の家。遊びに行くといつも玄関が開いていて
家の中から紐が伸びていた。紐の先にはザルとつっかい棒とパンくず。
漫画でよくあるような、ザルの下に鳥が来た時に紐を引っ張るとザルが
落ちて鳥が出られなくなる罠が仕掛けてあったのだ。
ちなみに狙っていたのは雀。獲れたら当然焼いて食べる。
家の中ではその子のお父さんが紐を持って寝転がりテレビを見てた。
(平日でも)

423 :やめられない名無しさん:04/06/29 05:00
酒に浸した玄米を使うとより効果的。

424 :405:04/07/01 01:08
>>421
たぶん、オレに聞いてるんだろうな。
子供の頃、すごく好き嫌いが激しくて(今も
あまり変わらないけど)親が直させる為、毎日
オレの嫌いなモノばかり食卓にならんでたのよ。
そうすれば、そのうち食べるようになるだろうと。
食わず嫌いな部分もあったからね。だけど頑固な
子供wのオレは嫌いなおかずは一切手を付けず
ごはんだけを食べてたのでした。だから今でも
ごはんだけでも全然平気。

425 :↑↑↑:04/07/01 07:12
お前つまらん人生だな

426 :やめられない名無しさん:04/07/01 07:34
芋ですが何か?

78 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)