5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

静岡限定の緑茶とオレンジジュース

1 :内容量 774ml:03/08/11 19:52 ID:4RhwROBz
以前東京の販売店で安売りしていたんだけど
静岡限定の緑茶とオレンジジュースがミックスになった
飲み物があったんだけど
製品名を誰か知っていません

2 :ぴょん:03/08/11 20:18 ID:RBXqilGl
もしかしたら、ミックスではないですけど
確か農協から出てるミカンジュースとお茶じゃないですかね?


3 :内容量 774ml:03/08/15 08:13 ID:???
これでしょ?
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/tololly-bus/drink/tyarenji.html

4 :山崎 渉:03/08/15 09:43 ID:???
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

5 :1:03/08/15 19:50 ID:ZGoixC9l
皆さん有難う!!!
ちゃレンジです!!!!!!
一度飲んだですが、なぜかこの味が忘れられず・・・
これって今でも静岡に売ってるんですか?
買うのならやはり、道の駅宇津ノ谷なんですか
それとも農協がいいのかな?


6 :内容量 774ml:03/08/15 20:51 ID:???
こんなモン東京で売ってたんだ・・w

7 :1:03/08/16 09:12 ID:mHv5gk6Q
売ってましたよ
2本で50円で激安ショップのつるかめランドで
それでハマリマシタ!!!

8 :内容量 774ml:03/08/16 10:40 ID:WgQnAGA8
空いている時間がもったいない!
報酬は明日入ります!
初心者でも儲けられる在宅ビジネスです!
インターネット大好きな人にはピッタリ!
お小遣い稼ぎにピッタリですよ♪
あなたのやることは
ただ 掲示板に宣伝するだけ!
http://mog.obi.ne.jp/r001/

9 :内容量 774ml:03/08/19 00:00 ID:???
ちゃレンジ、JAと道の駅宇津ノ谷にある事を確認。
しかし県外の人にも安心な通販もある↓
ttp://www.ja-shizuoka.or.jp/webshop/drink/charenji/charenji.htm

私はこれ好きなんだけどなー(ケース買いして家族みんなで飲む)。
ちょっとググったらキワモノドリンク扱いされてたりして泣けるつд`)

10 :内容量 774ml:03/08/20 22:19 ID:???
間違いなくキワモノドリンクだ罠
静岡県人ですが未だに飲んだことなし・・・

今度試してみようかな

ところで、これって何味なんですかね??

11 :内容量 774ml:03/08/22 00:13 ID:???
単発質問すれが全く伸びない良い例ですね

−−−−−− 糸冬 −−−−−−

12 :内容量 774ml:03/08/22 00:19 ID:jka0WfYc
静岡は、缶詰屋が多いから結構色々この手の奴があるよ。
小さな店の専用ウーロン茶缶とかもあるしね。
あと、製缶メーカーも静岡に多いから、缶のデザインを作るにも都合がいい。

13 :内容量 774ml:03/08/22 02:39 ID:???
>10
薄味のオレンジジュース+カテキン系スポーツドリンクって感じかな。
後味が伊藤園の「緑の葉精(旧カテキンウォーター)」に似てるかも。
今売ってる「カテキンサプリメント」じゃなくて、その前のヤツね。

14 :14:03/08/30 04:54 ID:N/WxNIL8
ペットボトルも“産地名”続々 安全、独自性をPR 8/29静新

 「静岡茶」など産地銘柄を掲げた緑茶ペットボトルが急増している。昨年、茶葉の商品において産地表示や
生産・流通履歴の在り方が問われたのがきっかけ。緑茶ドリンクも産地ブランドによる独自性を打ち出し始めた。
 業界最大手の伊藤園(東京)は二十七日から、静岡、京都、福岡各府県内から原料を調達し、地域の好みに
合わせた「静岡茶」「宇治茶」「八女茶」など五銘柄を地域限定で売り出した。いずれも同一産地の原料を
“100%使用”とのうたい文句で安全・安心の保証を図る。
 同社は「安全性に加え、産地をブランド化して他商品との違いを明確にしたい」(広報部)と独自性の確立を目指す。
 茶専門店の小山園茶舗(静岡市)は三月から、川根地区が原産地の「駿河茶」を発売した。「知名度の高い
産地の原料で他社との差別化を図る。少しずつ引き合いは出てきたが、長期的な視野で取り組みたい」(同社)
と関東、中京、北陸各地区を中心に販路を拡大中だ。
 県内八つのJAも今年に入って「いわた茶」や「清水のお茶」「ぬまづ茶」など“地域ブランド”を掲げた商品を
相次いで開発し、産地のPRを進めている。
 ただ、それぞれに特徴的な香味を備える茶葉と違って、ドリンクは特徴が分かりにくいという弱点がある。
国内外の緑茶事情に詳しい小泊重洋お茶の郷博物館長は「単に特定産地の茶葉を使って産地を掲げるだけでは
一過性に終わってしまう。よほどの特徴を出さないと定着しない」と個性の必要性を指摘する。
http://www.shizushin.com/area21/area21_2003082911.html


15 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

16 :内容量 774ml:04/04/17 23:22 ID:11Bu84LI
興津の静岡JAフーズで作ってるよ


17 :内容量 774ml:04/05/01 23:11 ID:x7ngboOO
今年のチャレンジはすげーze!
アミノ酸と海洋深層水が入ってる。
もう何でもありだ…

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)