5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

さて美味い甘酒について語ろうか

1 :呑んべぇさん:03/01/06 10:00
え、酒じゃないって?気にすんな(w

2 :呑んべぇさん:03/01/06 10:09
…2?
10分以上放置かよっ!

3 :呑んべぇさん:03/01/06 10:09
やほ

4 :呑んべぇさん:03/01/06 10:12
紅白の缶のやつ

5 :呑んべぇさん:03/01/06 10:50
>>4
鮭の缶詰が好きです。

6 :呑んべぇさん:03/01/06 10:58
酒粕を買ってきて自分で作るのが好きです。一度母親に麹から作ってもらったことがありますが口に合いませんでした。酒粕から作ったほうが好きです。

7 :呑んべぇさん:03/01/06 11:12
甘酒ってさ何故か家で作ったやつは美味くないんだよな

8 : :03/01/06 11:24
成城石井で酒かす買って作ります
少し日本酒を加えて
蜂蜜で甘みをつけると美味しいです


9 :呑んべぇさん:03/01/06 17:32
甘酒に日本酒だぶだぶいれるとうまーよ。

10 :呑んべぇさん:03/01/06 17:43
>>6

酒粕をとかして甘酒を造る方法はよく聴くけど
個人的に、それって「甘酒風味の粕汁」にしか思えなかったり。

麹の糖化酵素によって、デンプンを糖に分解しないとね。

11 :呑んべぇさん:03/01/06 17:55
>>10
荒れる前に一言(w
それは食べ物板でも話題になったけどどっちが本物偽物ってことではなく全く別物という解釈でいいと思う。
それぞれ違う風味で好き好きがあるわけだし。
酒粕製は代用品として作られたのではなくおそらく別個に作られたものが甘酒に似た外見なので
甘酒という名称を冠されその結果二つがごっちゃになってしまったのだろう。

歴史的にはもちろん麹で糖化した甘酒の方が古いと思われる。酒より古いかも(w
酒粕製は砂糖と酒粕をふんだんに使えるようになってからでないと普及しないだろうから
砂糖が貴重でなくなってからのもの、すなわち近代になってから普及したと考えられる。
多分粕汁がよく食べられる地方が発祥の地だろう。

12 :呑んべぇさん:03/01/06 18:10
>11
粕に砂糖を加える、昔だったら贅沢品だろうなぁ。
多分、昔は砂糖なんて貴重品はないから
甘酒飲んで代用したんだろうか。

粕甘酒の発祥の事知ってる人いないかな?

13 :呑んべぇさん:03/01/06 18:13
炊飯器で作ってますよー。保温の加減が難しいけど、
美味しいですよ。夏も冬も美味しくいただいてます。
酒粕使用よりも、美味いと思います。

14 :呑んべぇさん:03/01/06 18:49
死んだばぁちゃんの作ったヤツがサイコーうまかったな。
麹で作るの。当時消防だったから作り方は覚えてないのが痛い。

15 :呑んべぇさん:03/01/06 18:51
>>12
甘酒は麦芽糖と同じで、江戸時代の庶民には砂糖の代用品です。
砂糖を酒粕に入れるというのは、大規模な製糖業確立前の
江戸時代にはありえなかった話ですよね。


16 :11:03/01/06 19:09
>>12>>15
甘み即砂糖の代用という訳でないから麹の甘酒が砂糖の代用って言い方はちょっとなあ。
歴史的には砂糖より麹の糖化で甘みを得る方が先だろうし。

ちなみに夏粕取焼酎に砂糖を加えて暑気払いに飲むのがかつて結構ポピュラーなことだった。
麹の甘酒は栄養補給にこれまた夏主に飲まれた。
このことから夏つながりで誰かが酒粕甘酒を思いついたんじゃないかな。両方の旨いところを
味わおうと。これ俺の勝手な推理。
>>14
作り方は麹とお粥を混ぜるだけだから一瞬簡単そうだが
混ぜる割合、お粥の水加減、保温など案外コツを掴むのが大変。
きっとお婆様はその辺りの加減がお上手だったんだと思われ。

17 :11:03/01/06 19:13
16の前半は今思いついたのだけど>>11の粕汁地域説はもう覆るかも(w
自分で勝手に盛り上がってスマソ

18 :呑んべぇさん:03/01/06 19:58
>>17
真理に至る道はいくつもありますよ。

>>16
コツをつかむのは確かに大変ですね。
甘くならない不味い甘酒を粕汁に入れたりしました。

で、砂糖が経済的に手に入らない庶民が、
麦芽糖や甘酒で甘いものにありついていた、という意味です。
砂糖のない時代、という意味ではないです。
和三盆に象徴される高価な砂糖時代、という意味合いですだ。

19 :呑んべぇさん:03/01/06 21:45
おれは麹派
しかも一回作って一晩冷やした次の朝の甘酒
これ最強

20 :呑んべぇさん:03/01/06 22:41
冷やすと甘味を感じなくならない?


21 :呑んべぇさん:03/01/06 22:49
俺は酒粕で作る甘酒のほうが好きっす。
今の時期なら、ちょっと甘めに作った甘酒に電子レンジでやらかくした餅を投入。( ゚Д゚)ウマー

22 :山崎渉:03/01/07 14:40
(^^)

23 :呑んべぇさん:03/01/07 15:18
神社とかで売ってる奴はかなり美味いよな

24 : :03/01/07 19:16
湯島天神の甘酒おいしい

25 :呑んべぇさん:03/01/07 19:28
>>23
昔から需要が確実に見込めた場所だよね。
>>24
神田明神前の間違いでは?

26 :呑んべぇさん:03/01/07 20:05
>>25
神田明神は甘酒の聖地だね。

27 :呑んべぇさん:03/01/07 22:16
神田明神毎年参拝してます。
甘酒と酒まんじゅう。正月はやっぱりコレ。


28 :呑んべぇさん:03/01/07 22:40
でも、微妙に板違いなんだなぁ。

29 :呑んべぇさん:03/01/07 23:24
明神前にいくたびに、おばちゃんと話し込んじゃう。。。

30 :呑んべぇさん:03/01/08 02:04
今度京都でもちつきオフやるんだけど、その時に自製の甘酒を振る舞うことになりますた。
僕が作っているのは、こんな感じ。

梅酒用のビンに普通に炊いた米3合と米麹500グラムを投入。そしてお湯を注ぎ込みながらかき混ぜて、ちょうど全体が「おじや」くらいになったら蓋を閉めて温冷機へ。
約1日おいて、すっかりドロドロになったものを、約半量の水で割って沸かして飲む。

さて、今回ちょっと実験として、こうじの量をそのままに、米の量を2倍に増やすつもりでいます。
感じ的には、(米3合+こうじ500グラム)+米3合というかんじ。
成功すれば、オフ当日に2升もの甘酒を振る舞うことができるわけですが……。
はてさて。

31 :呑んべぇさん:03/01/08 09:25
>>28
酒と甘酒は兄弟みたいなものだからそう板違いでもない罠。

32 :呑んべぇさん:03/01/08 14:00
>>30

温冷機はどんなのつかってますか?
麹の力が弱いと、米が溶けきらない気もしますが。
結果報告キボンヌ

33 :30:03/01/08 20:51
>>32
キボンヌにこたえて報告でつ。

まず、僕が使った「温冷機」というのは、そんな特別なものではありません。缶飲料を冷やしたり温めたりするだけのものです。
ホームセンター行ったら5000円前後で売ってるのかな?ヤフオク使ったらもっと安く手にはいるかもしれませんが。
ただ、構造上の都合で底の部分が特に熱くなる傾向があります。
そのままだと甘酒の糖分が焦げてしまうので、時々かき混ぜてやる必要があります。
この「かき混ぜる作業」が、今回上手く働いたみたいです。
どうやら酵素がうまいこと甘酒全体に撹拌されたようで、いい具合に米が溶けてます。
見た目すごくクリーミーです。
とりあえずこの一晩、電気ストーブの前に置いてみます。

34 :呑んべぇさん:03/01/13 11:50
昨日、京都の餅つきオフにいってきました。
その際に甘酒を暖めて振る舞ったところ、用意したぶん全てなくなりました。
味が薄いのが気にかかりましたが、評判は上々でした。
余ったらどうしようと思ったんですが、全部なくなってよかったです。

35 :呑んべぇさん:03/01/19 17:54
こないだ、初めて甘酒作りに挑戦してみました。
もち米130グラムをおかゆにして、そこに米麹300グラムを投入。
よく混ぜて、50℃くらいに覚めたやつを魔法瓶に入れて一晩熟成。
お水で溶かして飲んでみたが・・・・あんまりおいしくない。
なんか後味悪いのなんのって。
米麹が多すぎたのかしらん?

36 :呑んべぇさん:03/01/19 23:33
>>35
麹が多めでも大丈夫だから多分温度管理がうまくいかなかったんだと思う。

37 :山崎渉:03/01/20 17:54
(^^;

38 :35:03/01/20 22:03
温度管理かぁー。
やっぱ魔法瓶にいれてほったらかしじゃダメなんかね。
ネットで検索した「炊飯器保温」を試してみようかな。

39 :呑んべぇさん:03/01/21 00:08
>>38
俺は保温鍋で失敗しますた。
コタツでは割と成功しました。
電気釜は成功するときと失敗するときとあってムラがありまって困りますた。
誰かうまく作れる決定版教えて!
完成品買ってこいというのは無しね(w

40 :呑んべぇさん:03/01/21 00:48
保温は50〜60℃をキープする。
60℃を超えると麹の酵素は急速に活性を失って以後の糖化が行われなくなるので注意。
炊飯器の保温温度は60℃を超える場合があるので失敗の危険が大きい。
炊飯器に「おやすみ保温」の機能があれば、それの方が設定温度は低いはずだから、使えるかも。


41 :呑んべぇさん:03/01/21 10:25
>>40
ありがとうございます。

適当に検索かけたら韓国の炊飯器に甘酒醗酵機能のついているものがあるという
未確認情報が引っかかりました。韓国って甘酒ポピュラーなのかな?ホントなら欲しい!
炊飯器メーカーさん、ぜひ甘酒醗酵機能つけて下さい。

42 :35:03/01/21 18:28
甘酒醗酵機能・・・・いい、すごくいいじょ!!
うちの炊飯器は「おやすみ保温」なるものがついてねぇ(´・ω・`)
でも米麹って高いよねぇ?
1袋300円くらいする。
いつも300円で麹を買うか、市販甘酒を買うか迷うよー。


43 :呑んべぇさん:03/01/21 19:01
>>42
うちの炊飯器も保温が熱すぎるのでフタに隙間を作っておくのだけど
この調整がなかなかうまくいかなくて困る。

44 : :03/01/21 19:04
当方京女ですが、酒粕の甘酒のほうがすきです。
灘の親戚に、新酒の酒粕おくってもらうんです。
地元の麹で作ったやつ、しかもショウガが入って
たりすると・・・ウウウ、冷やし飴も苦手です。

45 :35:03/01/21 20:40
こないだ、酒かすをお湯で溶かして、ってやつも作ってみました。
私は酒粕の甘酒がムリなことが判明・・・。
あま〜いやつしか飲めないんですよねぇ。
ちなみに私が今まで買ったので一番おいしかったのは、京都の伏見稲荷で買ったやつ。
京女の44さんが羨ましいぞう。

46 :呑んべぇさん:03/01/21 23:11
どっちも大好き。
ついでにどぶろくも粕取も奈良漬けも大好き。
麹に酒粕マンセー
でも酒自体も大好き(w

47 :呑んべぇさん:03/01/22 16:15
こんなのを見つけた。
日立のオーブンレンジ、甘酒も作れるらしいぞ、それも3時間で。
http://kadenfan.hitachi.co.jp/range/sa1/index.html

オーブンレンジや電子レンジについている発酵機能が意外に使えるのかも。
家のオーブンレンジのマニュアルも一度確認してみよう。

48 :35:03/01/22 21:46
私もネット検索してみたら、オーブンレンジの発酵機能がいっぱい出てきた!
でも我が家にはオーブンがない・・(´・ω・`)
ホームベーカリーとかも調べてみたけど、発酵温度&発酵時間を好みに設定できるような
機種はないみたい。
甘酒発酵に失敗するのはもうやだーー。

49 :呑んべぇさん:03/01/22 23:20
>>47
炊飯器じゃなくてレンジからのアプローチもあったんだね!
そのレンジは検索かけたらオープンプライスで実売は35000円前後みたいだった。
うちのレンジ古くなったけど問題なく使えるからなあ・・・
今度買うときは発酵機能ありのにしようっと。

50 :呑んべぇさん:03/01/29 01:38
温度低すぎるのもだめだよー。

51 :呑んべぇさん:03/02/07 19:56
醗酵が止まったみたいなので、温度を上げとこう。

52 :呑んべぇさん:03/02/07 20:59
おまいら甘酒の究極形態「練り酒」にハマリそうだな

53 :呑んべぇさん:03/02/07 21:08
発酵したのを多少薄めて2日ほど置いておいたらネバーっと糸を引く・・・
甘いし腐った臭いもしないので火を通し
思い切って茶碗一杯分飲んだが一応当たらなかった。
ともあれ常温だと意外に保たないようだ。

54 :呑んべぇさん:03/02/07 21:09
ねりざけとは?

55 :呑んべぇさん:03/02/08 00:22
スレの流れからはずれるけど、福源の甘酒がうまかった。
4合ビンで千円くらいするけど。
まあ、ローソンに売ってる大関の甘酒もそこそこうまいけど。

56 :呑んべぇさん:03/02/08 01:27
>>52,54
餅米で作る甘酒だったっけか?
固く、甘味が強く、匙に添えて手のひらにのせてちびちび嘗めるとかなんとか。
備前あたりで作ってるんじゃなかったかと…。違うかな。いまいち自信ない( ´・ω・ `)

57 :56:03/02/08 02:35
多少調べてみた。予想通り全然違った( ´・ω・ `)
「岩波古語辞典」74年版によると、
 【練り酒 ネリザケ】→練貫酒(ねりぬきざけ)に同じ。
 【練貫 ネリヌキ】生糸を経(たて)、練糸を緯(よこ)として織った絹布。
          ━ざけ【練貫酒】白酒の一種。筑前国博多の名産だった。
          「─のしわざかや、あちよろり、こちよろよろ」<閑吟集>
          「遠国なれども、筑前に─」<酒茶論>
ググルではこれ。
ttp://www.asahi.com/travel/column/0403a.html

調べてみたところ、蔵によって製法に差異があったらしく、代表的な二つを挙げると
1、普通に仕込んだ(米は粳糯不問)酒の醸造途中に焼酎を加えて発酵を止め糖分を残す、
いわゆる酒精強化、味醂風の作り方。
2、仕込みの水の一部、あるいは全部を、既に出来上がった酒に代えて仕込む作り方
(つーか俺はこの製法で出来た酒を「貴醸酒」と呼ぶと思ってたが、さてはあれはただの売文句だったか。)
製法が諸説伝えられている事から、発生当時の製法はよくわかってないのが実情らしい。
(『御酒之日記』(1355)には「練貫酒」という名称での製法は記載されていない。
「練貫酒」の名があらわれるのは『蔭凉軒日録』(1466)になってかららしい。)

起源は、「出来た酒の保存のため、酒または焼酎を足して腐敗を抑えた」、というものと
「当時(戦国時代)の嗜好に合わせて作られた」という二説。
個人的意見では両説合わせたような事情だったと思う。
戦争やって体を動かしゃ甘いものが欲しくなるだろうし、戦場にそれを持って行くにはまず保たせなきゃいけないだろうしね。
いずれにせよ、製品としては江戸そこそこ位までで盛りは終わってしまい、
現在では絶えてしまったものらしい。もちろん家で作れるものでもなさそう。( ´・ω・ `)ザンネン

と、散々スレ違いを書連ねて申し訳ないところで、
昔のそれとは異なるだろうけど、こういうのもあったよ…というのを。ナカナカ(゚д゚)ウマーソウ
ttp://www.ebisuya.jp/shopping/01_sake/seisyu/nerizake.htm

58 :呑んべぇさん:03/02/08 02:40
×「出来た酒の保存のため 
○「出来た甘酒の保存のため

スマソ…( ´・ω・ `)

59 :52 :03/02/08 10:36
52っす。ネタふっといて泥酔睡眠してまちたスマソ

http://www.ebisuya.jp/shopping/01_sake/seisyu/nerizake.htm
http://www.sake-db.com/tiiki/hukuoka/wakatak/wakatak-neri.htm

太閤秀吉が愛飲したという酒。漏れ飲んだけどマイウ。つうか甘酒だぁこりゃ。
おすすめっつ!

60 :呑んべぇさん:03/02/08 12:32
>仕込みの水の一部、あるいは全部を、既に出来上がった酒に代えて仕込む作り方
中国にこういう酒があったなあ。

61 :呑んべぇさん:03/02/09 03:35
再仕込み酒ですな。醤油では日本の一部でやってますね。

62 :呑んべぇさん:03/02/19 21:40
甘酒って酒じゃないの?

63 :呑んべぇさん:03/02/19 22:25
法的に言えばアルコールは含まれてないから酒じゃないけど、
>>57を見ればわかるように関係は深い。
ワイン/ビールとパンの関係より深そうだ。

64 :呑んべぇさん:03/02/19 22:55
まぁ、なんだ、税法上は酒ではないが、飲む側から見れば酒のようなもの、
文化としては酒、そういうことだ。

65 :呑んべぇさん:03/02/19 23:26
 酒はアルコールが1%以上入ってる飲料。
 しょうゆはアルコールが1%以上入ってるけど飲料じゃないから酒じゃない。

≫63
 昔の人がブドウをつぶしたジュースを壺に保存しといたのが勝手にアルコール発酵をしたのがワイン
 昔の(メソポタミアとかエジプト辺りの)パンは麦芽から作ってて甘かった。
 これに水がしみこんだのを昔の人が壺に捨てておいたのを忘れて、それがアルコール発酵したのがビール。
 甘酒は昔は甘くて栄養もある滋養強壮剤として飲まれていて、
 それを保存していたらアルコール発酵して、それから酒ができた。
 と、俺は勝手に解釈しているが?

貴醸酒、中国のこんな酒、再仕込み酒。
↑ひとつも知らなかった。アルコールに仕込んで発酵できるのか?
公募や工事はそれで平気なのか?

66 :呑んべぇさん:03/02/20 00:13
醤油ってアルコールを1%以上含むのか?

67 :65:03/02/20 00:32
持ちを良くするために醸造アルコールが入ってるらしい。
2%くらい。
確か…

68 :呑んべぇさん:03/02/25 00:20
粕で作る時、仕上げに牛乳をちょっと入れるとまろやかになっておいしいよ。

69 :呑んべぇさん:03/02/25 00:30
神田明神は天野屋で甘酒のモトが10杯分くらいで900円。麹は1枚400円。

麹から作ってみたんだけど、熱した土鍋に入れて毛布で包んでなんとかできた感じ。
ジップロックとかにいれて60度保温設定した電気ポットに入れたらどうなるかなぁ?
やっぱ麹菌の呼吸ができないからだめかしら。

70 :呑んべぇさん:03/02/25 01:55
>>69
それダメだよ。
天野屋で買うやつには勝てないというのが結論。
でも、天野屋の甘酒は高いんだよ。。。。

71 :呑んべぇさん:03/02/25 13:57
>>70
確かに難しいよね。
簡単にできるコツだけどご飯の量を少なめに麹多めの方が甘くなる。
けど一杯分の単価が上がる・・・

72 :呑んべぇさん:03/02/26 00:57
うちの近所の酒屋で、「菊姫大吟醸酒粕」が売っていたのでそれで甘酒
作ったらウマーだった。

73 :呑んべぇさん:03/03/02 22:09
酒粕から作ったのは一晩寝かせるとウマー
二日目カレー理論に通じるな

74 :呑んべぇさん:03/03/02 22:12
向田邦子流に云うと、夕べの甘酒の残り、か。

75 :呑んべぇさん:03/03/02 22:26
>>65
スサノオノミコト(ヤマトタケルノミコトだったかも)がヤマタノオロチに
呑ませた酒(ヤシオリの酒)も貴醸酒だよ。
酒を酒で醸したアマーイ酒

76 :呑んべぇさん:03/03/02 22:55
醤油もそうだが、再仕込みってのは、どの世界もおもしろそうだな。
酒だと酒精強化がいろいろおもしろい。

ふと思ったが、いわゆるバツイチもそうなのか?

77 :65:03/03/05 18:28
>>75
みりんみたいなもんなの?
一度飲んでみたいな。

78 :呑んべぇさん:03/03/05 23:54
>>77
蒸留酒じゃないから、もちっとさらっとしてるはず。

79 :呑んべぇさん:03/03/05 23:55
貴醸酒で検索すれば通販で買えるんじゃない?

80 :呑んべぇさん:03/03/06 00:05
貴醸酒といえば、あさ開だな

81 :呑んべぇさん:03/03/10 02:06
正月の靖国の甘酒ウマー
初めてうまいと思った甘酒でした。

82 :呑んべぇさん:03/03/10 13:37
この冬は、ダイエーで売ってる紙パックのやつにハマってます。
(200mlかな?Takaraともう一社から出てる)
缶と違い、レンジでそのまま温められるんで便利。
冬が終わる前に買い溜めしとこかな、と。

83 :山崎渉:03/03/13 12:20
(^^)

84 :呑んべぇさん:03/03/16 13:56
桜の季節まで、もたないか…

85 :呑んべぇさん:03/03/29 17:51
春になって、近くのスーパーからいっせいに甘酒が姿を消した・・・。
自分で麹から作っても失敗するし。
ネットでおいしい甘酒とか買ってる人、いますか?

86 :呑んべぇさん:03/03/30 07:22
酒粕溶いて、我慢汁。

87 :呑んべぇさん:03/04/05 00:12
神田明神天野屋のオバチャンがNHKに出演アゲ。

88 :呑んべぇさん:03/04/05 00:23
☆☆ キャッシング 春のキャンペーン実施中 ☆☆

キャンペーン期間中、50万円までなら職種を問わず
現在アルバイト中の方や、失業保険受給中の方でも
融資基準を甘くして、ドンドン融資しております。
http://38370701.com/
i-mode http://38370701.com/i/


89 :呑んべぇさん:03/04/06 17:51
さっき、無性に甘酒が飲みたくなり、酒粕で作ったよ。
酒粕、本味醂、砂糖(味醂で甘味つけていくと味醂飲むことになるから)
生姜を入れるのを忘れちまったけど、酒飲みの甘酒だなぁ、と思ったよ。
米麹から作ると時間と手間かかるから、これからはこっちかな。
(天野屋のオバチャンごめんよ)

それにしても、味醂粕が手に入らんものか。
どなたか知っている人いたら、教えてくださいな。

90 :呑んべぇさん:03/04/12 00:01
甘酒って夏の季語なんだ…
http://www.sake-okoku.net/i/zatsugaku/07.htm
よーしっ!今年の夏はビーチで甘酒だっ!

91 :呑んべぇ san:03/04/12 00:21
博多練酒がおいしい
 っていうか
なんか『おまんじゅう』の皮の部分を液体に
した感じです。

92 :呑んべぇさん:03/04/12 01:58
練り酒ってどういとこに売ってるんだろうか。
飲んだことも見たこともないからわからない。。。

93 :呑んべぇさん:03/04/12 10:12
>>90
冷やして飲むなら麹の甘酒にした方がいいよ。
好き好きだが酒粕の甘酒は冷やすとマズイ。
明神様に行けば夏は冷やした甘酒が飲めます。最高。

94 :呑んべぇさん:03/04/13 00:25
うはー、なんか凄く旨そうだ。
明神は近いから今年実家帰った時飲みに逝こう。

95 :山崎渉:03/04/17 10:11
(^^)

96 :山崎渉:03/04/20 05:11
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

97 :呑んべぇさん:03/04/26 03:21
昨日なんとなくオートレース場行ったら、いまだに甘酒売ってた。
(缶とかじゃなくてちゃんと紙コップに入れてくれるヤツ)
今、他にも甘酒飲めるスポットってあるのかな?
(神田明神はおいといて)

98 :呑んべぇさん:03/04/26 07:48
縁日の神社あたりはどうでつか。
いつでもというわけにはいかないけど。

99 :449:03/04/26 08:40
ここ読んでると甘酒って作れるんだ・・・
買ってくるものとばかり思ってた。
ちなみに篠崎の甘酒がうまいでつ

100 :呑んべぇさん:03/04/27 04:44
>>99
篠崎の甘酒って何?どんなのですか(無知御容赦)。
あっ、100ゲットだ…

101 :99:03/04/27 06:18
>100
99です。
福岡の酒蔵で、日本酒でいえば国菊、焼酎でいえば千年の眠りを
発売してまつ。
酒まんじゅうもうまいでつ。
うちのかあちゃんがパートに行ってました。
福岡では篠崎の甘酒は有名だと思います。

102 :呑んべぇさん:03/05/12 17:53
今月の給料日も甘酒仕込むぞ〜。

103 :呑んべぇさん:03/05/16 21:08
さて、今から仕込みますか。

104 :呑んべぇさん:03/05/16 21:38
連続カキコすまそ。
レシピは以下の通り。

炊いた米 3合+3合
米麹  500グラム

「3合+3合」というのは、単に炊飯器の都合上6合炊けないためです。
まず3合を炊いて、米麹500グラムと湯を合わせ、しばらく温冷機で暖めてあとの3合が炊けるのを待つ。
で、3合が炊けたら、再び湯を足して混ぜ合わせて、朝まで温冷機の中に寝かせる、と。
この方法で作った甘酒を一度、2ちゃんのオフに持っていったことがあります。

105 :104:03/05/17 06:27
できまちた。

106 :呑んべぇさん:03/05/17 07:08
甘酒は酒粕で作るのと米麹から作るのとどっちの方が美味しいのですか?

107 :呑んべぇさん:03/05/17 07:36
>>106
甘みと風味で楽しむという点では麹でつくるものは風味リッチかな。

日本酒酒飲みの漏れには、板粕で糖分控えめ気味に作るのが好きだけど。
(おやじ酒臭いくらいがちょうどいい。吟醸粕は上品すぎて今ひとつ)
酒粕の甘酒は暖かくないと飲めない。冷やで飲むくらいなら酒粕を生で
かじった方が旨いな。

108 :呑んべぇさん:03/05/18 22:44
ペルチェ素子と温度センサとPICと壊れた電気炊飯器の内釜使って
「三式甘酒反応炉」(仮称)でも作るかな。

109 :山崎渉:03/05/22 00:51
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

110 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

111 :t-akiyama:03/06/12 16:43
携帯ゲーム機"プレイステーションポータブル(PSP)

 このPSPは、新規格UMD(ユニバーサルメディアディスク)というディスクを利用しており、そのサイズは直径6cmととても小さい(CDの半分程度)。 容量は1.8GBとなっている。
画面は4.5インチのTFT液晶で、480px x 272px(16:9)。MPEG4の再生やポリゴンも表示可能。外部端子として、USB2.0とメモリースティックコネクタが用意されているという。

この際、スク・エニもGBAからPSPに乗り換えたらどうでしょう。スク・エニの場合、PSPの方が実力を出しやすいような気がするんですが。
任天堂が携帯ゲーム機で圧倒的なシェアをもってるなら、スク・エニがそれを崩してみるのもおもしろいですし。かつて、PS人気の引き金となったFF7のように。

112 :山崎 渉:03/07/15 12:53

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

113 :呑んべぇさん:03/07/24 00:48
一ノ蔵の甘酒飲みますた。

冷して飲むとちょうどいい甘さで(゚д゚)ウマー
いつもは酒粕の甘酒を糖分控えめでつくるんだけど、冷やして
旨いのは麹の甘酒だねぇ。

114 :なまえをいれてください:03/07/24 20:13
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

115 :呑んべぇさん:03/08/09 16:01
酒かすは、いいものを選ばないとダメだな。
屋台とかで甘酒を売って、酒かすもついでに売っているようなことがあったけど、帰って作ったらとても不味かったことがある。
うちのばーちゃんが酒問屋に勤めていて、毎年もらってくる酒かすは美味かった。
あれは何の酒かすだつたのであらうか・・・。

116 :呑んべぇさん:03/08/09 16:01
http://www.gamblingfederation.com/~146717iUA/P/indexjp.html

117 :呑んべぇさん:03/08/14 19:01
甘酒のシーズンなのに、それっぽい観じが全くしませんな。

118 :気付き@幸せ掴む:03/08/14 19:37
生命の充電に必要な快楽は、それ相応の徳なくして多くを得ればその人の魂を荒廃へと導く
結果となります。皆が憧れる学力、才能、特技などでも、それ相応の徳なくして多くを得ら
れれば、その人は詰まらぬことや悪事に使いたくなり、知らず知らずの内に破滅の人生へと
進むことになるのです。金銭はそれ相応の徳なくしてこれを使えば、
知らず知らずの内に浪費せられて間もなく貧しさが訪れることとなります。
反対にそれ相応の徳があればこれら総てのものを生かすことができます。金品はそれ相応の
徳のある者がこれを使えば必ず人を救うことになります。快楽はそれ相応の徳のある者が
これを得れば人生に興味と活力を添えることになるのです。学力、才能がそれ相応の徳の
ある者に備わるとき、博学となり善い企画を生み多くの人を幸福にします。
この件に関する出典の説明がHP↓にあります。ご参考に。
ttp://www.d7.dion.ne.jp/~tohmatsu/

119 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

120 :呑んべぇさん:03/08/24 17:29
原付で東京まで行ってました。その帰りに箱根の甘酒茶屋で甘酒のもとを買ってきました。今日の夜か、明日あたりに飲んでみようと思ってます。

121 :呑んべぇさん:03/10/12 21:40
そろそろシーズンが近くなってきたのでage
来週あたりから仕込み始めます。

122 :呑んべぇさん:03/10/23 16:36
シーズンは江戸の昔から夏なんだけど、まぁそれはいいとして。
天野屋のをばちゃんが云ってたが、餅米で仕込むと甘味が増すよ。
かなり濃厚なのができて、うれすぃですな。

123 :呑んべぇさん:03/10/23 23:39
酒粕から作るおいしい作り方ってありますか?
なんか、まずかったんだが…
ちなみに、砂糖と日本酒適当に入れてみますた

124 :呑んべぇさん:03/10/24 00:13
日本酒が余計では? 砂糖と酒は合わないと思う。
味醂粕使うときは、味醂入れてるけどね。

125 :呑んべぇさん:03/10/24 01:09
>>123
板粕たっぷり、手に入れば吟醸粕を混ぜる。
砂糖少なめ。
こんな感じで作ってるかな。

酒を入れてみたいなら、味醂を使うのがいいかもしれないね。

126 :呑んべぇさん:03/10/24 02:10
酒粕、砂糖、味醂、の組み合わせは、合うよ。
もちろん、味醂粕のほうがいいんだけど。

127 :123です:03/10/24 23:45
カキコどーもです!
とりあえず日本酒がだめなようなんで、明日また酒粕買って挑戦します〜
みりんも入れてみます

128 :呑んべぇさん:03/10/25 01:10
元来、甘酒はノン・アルコールだから、味醂すら入れなくてもいいんだよ。

129 :呑んべぇさん:03/10/25 01:58
ソウナンダ〜(☆Δ☆)

130 :呑んべぇさん:03/10/25 03:10
しかも、夏の飲み物。俳句の夏の季語に入ってる。
冬飲んでもいいんだけど、本来は夏なんだよね。

131 :呑んべぇさん:03/10/29 01:06
「甘霙」だと冬じゃないかな

132 :山科:03/12/01 22:29
民主党が躍進なんて信じられないです。
そりゃ小泉改革は完璧に進んでたわけじゃないけど・・

自力で更生する機会を与えられても、それを放棄するような国民は
あと少し不況に苦しむべき。

133 :呑んべぇさん:03/12/17 17:58
自分で作ったことはないけれど、市販の米と米麹だけで出来た甘酒、大好きです。
大体が同量の水でわってあたためるものですが、おいらは水の代わりに純米酒と
豆乳を半々ずつ入れ、沸騰直前まで暖めて、生姜汁をいれて飲んでいます。
甘酒:純米酒:豆乳=2:1:1

ほどよく酔えて、栄養価も高くて、お気に入りです。

134 :呑んべぇさん:03/12/17 22:47
>>133
市販の甘酒って、水でわるものなのか?
このスレの前の方に出てきた福源の甘酒を買ってきて飲んだら、
異様にどろっとしてて、なんじゃこりゃ、と思ったが、
水で割ればうまいのかな。

135 :呑んべぇさん:03/12/18 00:28
>>134

市販、に限らず、米と米麹で造った甘酒は、そのまんまだと基本的にどろどろなので、
水や好きな飲み物で、適度に自分好みの味になるまで、薄めるのがよいですよ〜。
 水でそのまま薄めるのも、風味が崩れなくて良いのですが、個人的には牛乳がお勧め。

136 :呑んべぇさん:03/12/18 08:34
うちで作る時はたま〜に澄んだ味の改心のデキともいえる甘酒ができる事がある

137 :呑んべぇさん:03/12/19 20:55
>>133
これ、私も試してみたいです♪

138 :呑んべぇさん:03/12/31 00:12
さぁ、いよいよ初詣。それに初日の出。
近くの神社とか山の頂で甘酒を振舞うらしい。
楽 し み だ ぜ 。

139 :呑んべぇさん:03/12/31 02:26
他人の作る甘酒ってなんであんなにうめーんだ?

140 :呑んべぇさん:04/01/08 14:57
>>133

試してみました。
 美味しかったです。ちょっと私には、お酒がきつかったかな。
 次はもうちょい、調整してみまつ。

141 :呑んべぇさん:04/01/15 05:14
作ったがあまり甘くない。
やっぱ炊飯器はだめか。

容器に入れて、湯煎にしてみようかな。
でも、めんどいなぁ。

142 :呑んべぇさん:04/01/15 18:06
>>141
温度高すぎたんじゃないだろうか。麹を途中で追加するとよい。
最初に投入する麹は、もち米ごと粉砕すると甘くなる。
だいたいこれで市販のものくらいになるんだけどな。

143 :呑んべぇさん:04/01/15 19:07
んー、試行錯誤してまつ。きっと昔の酒人もこうやってうまい酒醸してきたんだねえ。
旨いのできたら味見させてくれ。

144 :呑んべぇさん:04/01/19 02:24
土鍋を買ったので酒粕で甘酒作ってみました。
なんだかほんのり幸せ。
しかし途中で飽きてしまい、ココア混ぜてみた。
ココア風味強し。しかし後口が酸っぱい。
結構いけるかもしれない。

明日はゆであずき投入して朝ご飯にしようと思います。
素直な味なのでいろいろアレンジしてみたくなるな。
カクテルのベースにはどうでしょうか?

145 :呑んべぇさん:04/01/20 23:18
酒粕で作ったのは漉して冷やしておいて、風呂上がりに。
安い酒ほんの少し足してニセからだバランス飲料風になったところをぐびぐび飲むと(゚∀゚)ウマァァァァ

146 :呑んべぇさん:04/01/21 16:03
漏れはガキのころから酒粕とかしたのを自分で作って年中飲んでる。
鍋いっぱいに作って一晩寝かせて冷えたのがたまらん

酒粕は裏ごしとかすり鉢ですったりとかレンジでふやかしたりとかいろいろやったけど、
結局一番うまいのはなるべく手をかけない方法だった。

1、鍋に水を入れ、沸騰する前に火を止めて酒粕を細かくして放り込む
2、かき混ぜて放置
3、もう一つ鍋を用意してざるでカタマリをこす
4、グラニュー糖と蜂蜜を入れる(蜂蜜入れると甘さが落ち着いていくらでも飲める)

あと、温めるときは風味が飛ばないように別の容器に入れたほうがいい。


147 :呑んべぇさん:04/01/21 16:35
麹で作ったやつ、伸ばさなければ酒醸だもんな。
まんまスプーンで食って(゚д゚)ウマー。

148 :呑んべぇさん:04/01/23 22:35
缶の甘酒と日本酒を1:1で割って飲むと
酔っ払うしおいしい。

149 :呑んべぇさん:04/01/24 00:51
あぁ、おれは砂糖・蜂蜜なしの甘さに惹かれるから、
どうしても麹・もち米のみ派だなぁ。
その意味で、味醂も好きで、とうとう密造しちゃったよ。
まことに美味い。

150 :呑んべぇさん:04/01/24 01:08
>149
ばれないように楽しんでね!!味見したいね!

151 :呑んべぇさん:04/01/24 05:11
>>149
ひとくちよこせぇぇぇぇヾ( ゚ρ゚)ノ゙

152 :呑んべぇさん:04/01/24 15:27
今年に入ってなぜか急に甘酒にハマるようになってしまった。
造り酒屋が実家という会社のお局から分けて貰った酒粕を使って作ってみたら
これが(゚д゚)ウマー
すり鉢で溶かす方法と鍋で溶かす方法と2通りやってみたけど、
後者の方が粒々が残っていい感じ。
生姜汁入れるとくせがなくなってさらに(゚д゚)ウマーだね。

153 :呑んべぇさん:04/01/24 21:03
粒は残ってたほうがうまいよな。蜂蜜を少し入れると甘さが丸くなって(゚д゚)ウマー
一晩置いた次の日の朝冷えたのが一番うまい。


154 :呑んべぇさん:04/01/24 21:48
>>150、151
これから量産体制に入ります。

155 :呑んべぇさん:04/01/24 22:00
>>153
蜂蜜入れるとやっぱいいか!
今まで三温糖だったけど、今度試してみるわ。

156 :呑んべぇさん:04/01/25 00:15
>>146作り方で、蜂蜜なし・グラニュー糖を控えめにして
おたま一杯のブランデーとレモン汁を投入。

甘酒とは言い難いがこれはこれで(゚д゚)ウマー


157 :呑んべぇさん:04/01/25 02:40
それ、かなり美味そう。、。、。、。、

158 :156:04/01/25 03:00
レモン汁は少々ね。

舌足らずでスマソ


159 :呑んべぇさん:04/01/25 18:10
酒粕カクテル、ですな。

160 :呑んべぇさん:04/01/25 19:04
ツブツブが嫌い
















ゲロ吐きそうになる 鬱

161 :呑んべぇさん:04/01/25 20:50
こんばんわ、とある造り酒屋です。
甘酒ということで蔵で作るときのレシピ乗せます。
麹(総はぜのもの)100に対して蒸し米10水150
を混ぜ50度〜40度で2日間寝かせます。
(電気調理器などでやるか、コタツに入れるといい)
砂糖なしでも十分米の甘みが出ますよ。 

162 :呑んべぇさん:04/01/26 00:27
総はぜ、とはどういう意味でしょうか。
それと、麹の割合が相当高いと思いますが、
甘さを引き出すためであれば、米をうるちでなく、
もち米にするとよさそうに思いますが、
プロの立場から見られて、麹のほうが
やはりよいのでしょうか。

163 :呑んべぇさん:04/01/26 00:30
子供んとき嫌いだった
親に洗脳されて、、、好きになった
つぶつぶが美味い
生姜入れすぎて、オエってなったことある
お気をつけて>ALL

164 :呑んべぇさん:04/01/26 00:33


米麹って売ってるけど、使い方の説明読むだけで
気が失せる。美味そうだなとか思うけど、面倒そう。
甘酒は粒つぶと、とろみが命!
あっさり風は要らないぜ。

165 :呑んべぇさん:04/01/26 02:56
sono torominoaru amazake wo tsukerutameni kohji wo tsukaundayo.
yattemire.

166 :呑んべぇさん:04/01/26 05:03
家の甘酒はスーパーで売ってる酒粕をお湯で溶いて煮込んで
砂糖を加えてできあがりというシンプルなやつ。
鍋いっぱいに作ってその時の気分で冷やしたり暖めたりして飲みます。

167 :呑んべぇさん:04/01/26 10:29
甘酒飲みたい病に罹ったときは
砂糖入ってない濃縮タイプを買ってくる。
一番確実、失敗なし。

でもいつか麹から作ってみたいなあ。

168 :呑んべぇさん:04/01/26 13:42
炊飯器を使うとかなり確実にできるよ。
蓋は、鍋の蓋を使って、隙間をつくってやると、
微妙な温度調節ができるので、それでかなり甘くなる。
  うるちでなくもち米を利用、最初に麹と共に粉砕しておく、
  時間たってから少々麹を追加、
でだいたいおーけー。相当甘くなるから、濃縮タイプを
希釈したくらいまでは行くよ。


169 :呑んべぇさん:04/01/28 01:15
米の量は少なめで良いようだノウ。

もち米のほうが良いニダか?

170 :呑んべぇさん:04/01/30 22:33
炊飯器で甘酒を作ってみようと思って
麹ともち米買ってきたのに、炊飯器が空いてない罠_| ̄|○

171 :呑んべぇさん:04/01/31 00:56
>>170
米は炊いたらすぐにラップにつつんで冷凍しろ。
保温するよりうまい飯が食えるぞ。
すれ違いスマソ。

172 :呑んべぇさん:04/02/03 01:40
もち米のほうが甘くなるにだにだ。

173 :呑んべぇさん:04/02/08 16:03
すんません
最近はまってます
砂糖なし無添加もの1リットルで相場おいくらでしょうか


174 :さとう:04/02/09 00:06
>>173
 ビン入りの薄めて使うもののことですか?
 でしたら、大体四合か五合で、実売450円から700円の間くらい。
一升瓶で1000円くらいかと。
 なんか、最近、マスコミで取上げられたらしく、探している人が増えている。
 でも、確実に売っている店があんまりないの。

175 :呑んべぇさん:04/02/09 01:02
市販の甘酒と剣菱を半々で割ると旨かった

176 :呑んべぇさん:04/02/15 09:01
最近スーパーで1リットル入りのやつ見かけるようになったな。ペットボトルで寒天入りとか気持ち悪いのもあったが。
でも400〜500円は高すぎ。酒粕溶かせば鍋いっぱい作れるのに・・・


177 :呑んべぇさん:04/02/25 00:58
 

178 :呑んべぇさん:04/02/28 22:57
保守もかねて、麹甘酒の自作報告を
お米、約1合
スーパーで売ってた米麹200g・350円
おかゆに炊いて、保温にしたジャーで一晩おいて、成功しました。
ジャーは、高温になりすぎるので蓋をせずにフキンをかぶせただけ。
100均の温度計をつっこんで60℃近辺で安定するのを確認しました。

それから、電気店で60℃保温可能な電気ポットを売ってる(というか
最近は授乳や玉露用にほとんど60℃モードがある模様)のを発見!
別容器で60℃湯煎か可能なら、今度、電気ポットの更新時に挑戦して
みようと思いました。

179 :呑んべぇさん:04/03/03 00:05
よろしい。

180 :呑んべぇさん:04/03/03 20:13
八海山の酒粕をゲット。ハチミツと生姜少々で作った。
・・・・うまーい、しかもホカホカあったまる。
風邪ひいてて喉が痛いんだけど、なんか楽になった感じ。
おひなさま企画だったみたいだけど、いつも売ってればいいのに。
いつものスーパーのと全然違ったよ。そんな高くなかったし。


181 :呑んべぇさん:04/03/04 22:24
酒蔵の直送品のいい酒かすを使うと、スーパーのわけわからん酒かすを
買ってるのが馬鹿らしくなるよな。

でも、安定供給できるほど、量がないんだよな。もっと、いい酒が売れれば
いいんだがな。

182 :呑んべぇさん:04/03/05 06:40
3月6.7と兵庫県吉川町よかたん温泉で山田錦祭りがあるんだけど
灘の各メーカーが甘酒出すらしいよ。

183 :呑んべぇさん:04/03/05 06:45
俺はスーパーの酒粕で十分だけどな。
しょうがや柚子の汁を入れるとまた一味変わっていい。

184 :呑んべぇさん:04/03/05 10:43
>>183
オレもそう思っていたクチだったが、磯自慢の酒粕で
甘酒を作ったときに一気に認識が変わりますた、はい。

開華の酒粕で作った粕汁もかなーり(゚д゚)ウマ-でしたよ。

185 :呑んべぇさん:04/03/07 22:48
仕込んだよ。

186 :呑んべぇさん:04/03/16 19:31
上の方に書いてあった、麹の甘酒の豆乳割り、つくってみました。
湯葉化してどろどろになった豆乳と甘酒のねっとり感のコラボが最高!!
豆乳独特の臭みが、甘酒の甘さに押されて目立たなくなっているので、
豆乳が苦手なひとにもおすすめ!!

187 :呑んべぇさん:04/03/18 22:57
酒粕からつくるヒトって、ちゃんと純米酒の酒粕使ってる?

普通のスーパーの酒粕って、袋の上から匂いをかいでも人工醸造アルコール臭くてとても飲む気にならんのだが・・・

っちゅうか、酒粕から作ったのって、栄養あるの?

188 :呑んべぇさん:04/03/18 23:49
清酒のもろみは、麹の発酵に加え、酵母菌の発酵も起こっている。
ビタミンやアミノ酸なら、当然清酒のもろみのほうが多いんじゃなかろうか。
酒を絞っても、同じ重さなら、酒よりも酒粕のほうが、そういった栄養がありそうな気がするんだが。

189 :呑んべぇさん:04/03/20 09:05
>>187
あの人工的な甘さがいいんじゃあないか

190 :呑んべぇさん:04/03/24 00:06
点滴と同じ成分だとかで、ケッコー効きますね!

どれぐらい飲めばイイのか目安が分かりませんが

191 :呑んべぇさん:04/03/29 22:43
江戸時代のヒトは、どうやって60度に保てたのか知りたいです

192 :呑んべぇさん:04/03/29 23:03
>>191
でんぷんの糖化は、60度以上にならなければよいのではなかったかな?
それならいろいろと方法がありそうなものだが。

193 :呑んべぇさん:04/03/30 09:18
月○冠みたいなクズ粕でも、焼酎とか日本酒入れると美味くなるよね!

194 :呑んべぇさん:04/03/30 10:18
>>193
そこまでしてまずい粕を飲むくらいなら、少々高くても上手い粕を買ったほうがいいと思うんですが。
もらったものだったりしたら、ごめん。

195 :呑んべぇさん:04/04/02 23:24
>>187
加熱すればアルコールは飛ぶ。心配無用。

196 :呑んべぇさん:04/04/02 23:26
>>194
スーパーに転がっているようなナショナルブランドの安い板粕って
上品ではないけど味は強い傾向があるので、吟醸粕で食い足りない
ときは敢えて使うのもひとつの手。

197 :呑んべぇさん:04/04/06 09:55
ttp://www.gekkeikan.co.jp/databank/data/00045.html

198 :呑んべぇさん:04/04/18 08:22
つぅかアル添は絞ったあとにやると思ってたが

199 :呑んべぇさん:04/04/21 22:05
俺も最初はそう思ってた。蔵の中に純米酒を保管しておいて、アルコールを加えたり、純米のままで出荷してるのかとばかり。

なんでも、絞ったあとに加えると、合成酒扱いになるそうだ。
普通の酒蔵は免許がないからできないんだな。

200 :呑んべぇさん:04/04/25 20:17
>>198
アルコールには粕の中に溶け込んでいる香味成分を酒の中に
溶かし出す働きがあるので、絞る前でないと効果が出ない。

201 :呑んべぇさん:04/05/06 02:53
八海山の、出来立ての甘酒。
アルコールの香りがきつくてグーッド。

202 :呑んべぇさん:04/05/09 18:20
酒粕をパックに使おうと購入して、ためしにかじってみたら
これがやみつきになってしまった・・・・普段酒ほとんど飲まな
かったのに、どうしよう・・・・。

てか、いい加減甘酒でも作ってみろや自分。

203 :呑んべぇさん:04/05/09 22:00
酒粕から作る人は、やはりアルコールの加減が好きなんでしょね。
麹から作る人は、自然な甘味が好きなんでしょね。
わたしは後者ですが。

204 :呑んべぇさん:04/05/09 22:10
>>202
オレは酒粕風呂にしてるよ、冬の寒い時期は。
温まるし、肌がツルツルになる。
もち、純米の酒粕。
フルーティな香りがする。

205 :呑んべぇさん:04/05/09 22:55
>>203
アルコールというより、日本酒の香味成分といったほうがいい。

酒粕の場合は酵母がアルコール産生に失敗して出来てしまった
成分や、役目を終えた酵母が多く含まれる。
多糖類やアミノ酸は多く含まれるが、糖分は消費されてしまうので
ほとんど含まれていない。

206 :呑んべぇさん:04/05/11 17:09
今日初めて酒粕で甘酒作った。
近場には酒屋がないんで、スーパーで大袋入りで売ってるバラ粕を使ったんだけれど
わりと上品な味に仕上がって満足。ちょっと大量に作りすぎたが、砂糖も生姜もちょろっと
しか入れていないし余ったらパックや風呂にも使えそうだ。


207 :呑んべぇさん:04/05/11 21:57
甘酒じゃないけど、
酒蔵の米麹のシフォン・ケーキは、上手いよ。
今まで体験したコトのない、食感だし、
しかも砂糖の甘さじゃない。

208 :呑んべぇさん:04/05/15 02:12
嗚呼どうしようドウシヨウ

暖かくなってきた頃から近所のスーパーの酒粕の在庫が少なくなってきてたんで、買い貯めしていたんだけど
ついにストックがなくなってしまった。 OTZ
3日に1回は酒粕甘酒を作って飲んでいただけに、つらい(つд`)
昨日なんぞ、夢のなかに甘酒がでてきたよ。。

209 :呑んべぇさん:04/05/15 07:36
やっぱりその辺のスーパーに置いてあるような月○冠とか△の鶴とか□桜、
みたいな大量生産の酒粕も夏場はなくなっちゃうの?

最近甘酒というか酒粕にはまりだしたもんで、そ、そりゃあ困る。

210 :呑んべぇさん:04/05/15 09:45
甘酒って、時期終わったの?

酒屋に置いてなかったので聴いてみると、「もう時期が終わったので入荷しないです」などと言ってたけど。

困るんだよね、疲れた時に飲めないと・・・。
かといって、安物じゃ嫌だし・・・。

そもそも、江戸時代は夏、最近は冬の季語なのだから、年中作れるんじゃないの?

211 :呑んべぇさん:04/05/15 14:20
今スーパーにある酒粕の賞味期限を見ると6−7月のものばかりだよん。
酒粕のできる時期=酒の仕込みの時期だからでしょうかね。

でも大手のメーカーの流通・設備だと年間通して仕込み出来るもんだと思ってた。

ちなみに今日立ち寄ったスーパーでは某メーカーの酒粕が1パック100円で
投売りされてた。

212 :呑んべぇさん:04/05/15 18:00
酒粕じゃなくて甘酒なのだが・・・

酒粕は酒造の副産物なので、季節モノなのは分かる

213 :呑んべぇさん:04/05/15 18:05
> 酒粕じゃなくて甘酒なのだが・・・



214 :呑んべぇさん:04/05/15 22:20
酒粕と甘酒は違うでしょ

215 :呑んべぇさん:04/05/15 22:30
>>214
ログ嫁。

216 :呑んべぇさん:04/05/15 22:39
酒粕から作った酒の話もここでさんざんしてきたわけで。

それに酒粕がないないとぼやいている人達は麹から作る甘酒と混同は
していないと思うよ。

ちなみに米麹も半額見切り品扱いで売ってるのを最近よく見るな。
やっぱり「甘酒」のシーズンは世間的には終わり、というわけか・・・・。

217 :呑んべぇさん:04/05/15 22:45
もともと夏のモノだったのに、夏に作れないって、どういうコト?

max valueで金子味噌のペット入り無添加無加糖・甘酒¥300を買ってみたけど、まぁまぁだった。

でも、原料が「米と寒天」ってのが気になる・・・
HPでは、夏だけの商品みたいに書いてあるね
http://www.kanekomiso.co.jp/ec/index.html

218 :呑んべぇさん:04/05/15 22:56
夏の甘酒は、最後の手段で、麹を使って自作という手があります。

清酒メーカーの方に聞きましたが、甘酒の賞味期限は、変色が大きな理由。
味の問題ではありません。
あとは、雑菌が入ると一気に腐るので、それも加味してるようです。

買いだめて置くなら、冷暗所に置けば、変色はほぼ心配ありません。
味に影響のある、雑菌は、増殖すれば香りや味ですぐにわかるので、自己責任で飲む前に注意すればいいと思います。

219 :呑んべぇさん:04/05/15 23:50
雑菌恐いですね

220 :呑んべぇさん:04/05/16 00:29
ウダウダ言ってないでさっさとこうじ買ってきて作れや。

221 :呑んべぇさん:04/05/16 01:40
作ってるよ

222 :呑んべぇさん:04/05/16 01:52
甘酒なつかすぃ。子供のころ、冬になると母親が作っていたなあ。
麹とご飯をまぜた鍋を新聞紙でくるんで、寝るときに布団の中で
だっこしているのが漏れの仕事だった。

223 :呑んべぇさん:04/05/16 07:08
すまんが麹の甘酒は、どうしても「甘いおかゆ」としか思えない・・・・

224 :呑んべぇさん:04/05/16 08:38
>223
アルコール発酵する手前の状態だから酒未満といった感じだね。
前に酒蔵見学したときに、甘酒の状態からだんだん日本酒になって
いく過程を試飲させてもらって面白かった。おみやげに一升瓶で
甘酒もらってしまった。

225 :呑んべぇさん:04/05/16 10:39
漏れはやっぱり粕酒党。ぐびっとな。

226 :呑んべぇさん:04/05/16 20:48
>>223
あれはミキサーで粉砕すると、なかなかの飲み物になる。

227 :呑んべぇさん:04/05/16 20:50
このスレみて酒かすをあぶって食べた。
砂糖かけたらうまかった。

228 :呑んべぇさん:04/05/16 22:55
砂糖じゃない、米の本来の甘みを、麹の神秘的な作用で甘みを倍増させているトコロにロマンを感じる。

近頃ブームの発酵食品・カスピ海ヨーグルトなんぞよりも、よっぽど旨いし、明らかに、効き目がある。

日本の文化として、早急に科学的に解明し、海外に輸出すべきである!

サトウキビでもないし、かといって化学調味料でもない、天然調味料として代替食品である


229 :呑んべぇさん:04/05/17 17:35
~

230 :呑んべぇさん:04/05/17 19:18
読んでたら甘酒の見たくなってきた・・・。
俺は酒かすの甘酒で育ったので酒かすのが好きかな。
子供の頃の飲み物では一番好きだった>甘酒
もちろん麹?のやつも好きだが感慨深さがちがう。


231 :呑んべぇさん:04/05/17 22:40
麹のほうはもち米たっぷりで作るとドロッドロに甘くなるね
これはこれで(゚д゚)ウマー

232 :呑んべぇさん:04/05/18 00:11
おれはいつももち米オンリーだなぁ。それでミキサーにかけて加熱後に冷蔵庫。
冷やすと美味い。。。

233 :呑んべぇさん:04/05/18 00:44
冷やすとすっきりするんだよな
俺は酒粕オンリーだが、やっぱり冷やして飲んでる

234 :呑んべぇさん:04/05/18 01:55
炊飯器発酵は温度が高くてダメなんですか?それとも低いんですか?
高いならいくらか打つ手はあるけど、低いのはお手age

235 :呑んべぇさん:04/05/18 02:57
高い。
だから、蓋をあけて、皿などで半開きの蓋にすると、温度調節が可能。


236 :呑んべぇさん:04/05/18 21:11
>>235マジ、サンクス

237 :呑んべぇさん:04/05/19 00:40
報告キボンヌ

238 :152 アルチュー:04/05/19 19:47
236です、今日酒屋で麹買おうと思ったら、ちょうどなくて(´・ω・`)ショボーン
でも、漬物屋にあって(`・ω・´)シャキーン
って、ことでこれから、甘酒造ります。デモ釜が空いてない(´・ω・`)ショボーン

239 :152 アルチュー:04/05/19 20:15
発酵に入りますた


240 :呑んべぇさん:04/05/19 20:42
暑いときにアツアツの甘酒にショウガを入れて飲むのもグー。
汗かいて暑気払いになるね。

241 :152 アルチュー:04/05/20 18:01
途中経過・・・なんか黄色くなってます中心温度は58度です

242 :呑んべぇさん:04/05/20 19:14
ちょっと掛けまわしたほうがいいかも。58度はちょい高めかな。

243 :呑んべぇさん:04/05/20 23:10
俳句で「甘酒」は晩夏の季語で、夏バテの特効薬。

244 :呑んべぇさん:04/05/21 02:40
晩夏つうても、旧暦の世界だから、今で云えば、だいたい7月ですな。
8月初頭には立秋でやすんからね。

245 :152 アルチュー:04/05/21 13:16
できました!なんか甘さが少し足らない気がするけどかなり(゚Д゚)ウマー
一升瓶に入れて保存してます明日になったらもっと,(゚Д゚)ウマー

246 :呑んべぇさん:04/05/22 00:45
>>245
麹から作ったのなら加熱して麹の働きを止めとかないと、
どんどん反応して、甘味がなくなっていくよ。

247 :呑んべぇさん:04/05/22 06:08
>>246
反応しすぎると甘味がなくなるの?
生成した糖は何に変わるの?

248 :呑んべぇさん:04/05/22 18:43
酵母による醗酵が始まってアルコールに変わっていく。

249 :呑んべぇさん:04/05/23 00:27
>>248
低温で糖化したのならそうだけど、比較的高温で糖化させたのは、密栓しておけば酵母の発酵は起こらないと思うが。

250 :呑んべぇさん:04/05/24 20:46
酒かすがかじりたくなってきた。

251 :呑んべぇさん:04/05/25 03:28
>>249
密封と糖化と、どう関係があるの?
酸化と加水分解との違いわかるよね? 

252 :249:04/05/25 18:03
アルコール発酵を起こす酵母は、麹からくるか空気中からかのどちらか。
低温で糖化さえた場合、麹の酵母菌が繁殖してアルコール発酵が起こりうる
炊飯器で比較的高温で糖化させた場合、酵母はほぼ死滅しているはずなので
密栓して空気中から酵母の侵入を防げば、アルコール発酵は防止できるはず

それよりも、246の意味がわからん。麹の酵素反応で、ブドウ糖をさらに分解するというのだろうか?

253 :呑んべぇさん:04/06/03 11:53
粕汁おいちい

254 :呑んべぇさん:04/06/06 14:28
酒粕焼いて砂糖かける


ウマー

255 :呑んべぇさん:04/06/30 23:54
シーズンが来たんですけどね

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)